PR

はじめしゃちょーのバスケチームがプロチームと対戦!実力と試合結果

はじめしゃちょーのバスケチームがプロチームと対戦!実力と試合結果の画像 エンタメ

はじめしゃちょーはバスケ経験者のYouTuberを集めて、バスケチームを結成しました。

バスケチーム結成の目的はなんと、プロのバスケチームと対戦をするためです。

本業の忙しい合間を縫って練習を積んだYouTuberバスケチームは、果たしてプロバスケチームに勝つことができたのでしょうか。

この記事では、はじめしゃちょー率いるYouTuberバスケチームの実力と、プロチームとの試合結果について紹介していきます。

スポンサーリンク

はじめしゃちょーのバスケチーム

はじめしゃちょーは2022年6月にYouTuberで構成されたバスケチームの結成を動画で報告しました。

YouTuberにはバスケが上手な人が多く、その中でも特に上手いと思う人に声を掛けてチームの結成をしたそうです。

はじめしゃちょーが結成したバスケチームについて詳しくみていきましょう。

クリエイター最強チーム

はじめしゃちょーが結成したYouTuberチームは全員がバスケ経験者で、「プロに本気で挑戦する」を構想とした精鋭たちの集まりです。

チーム名は「クリエイターオールスターズ」

気になるチームメンバーを紹介します。

チームメンバー

チームメンバーは7人で、いずれもバスケ経験者です。

YouTuberにはバスケ経験者が多くいますが、その中でも上手いと評判の実力者たちが集結されています。

はじめしゃちょー

はじめしゃちょーは、クリエイターオールスターズの発起人です。

小学校4年生からバスケを始め、中学高校とバスケ漬けの青春を送ってきたそうです。

カンタ(水溜りボンド)

中学・高校とバスケ部に所属し、部長を務めていた経験があります。

はじめしゃちょーとは普段からバスケをしているそうで、自身のチャンネルでもバスケに関する企画動画をたびたびアップしています。

ともやん(Lazy Lie Crazy)

高校時代はインターハイ、国大、ウインターカップ出場したこともあり、元3×3のプロ選手という経歴です。

個人チャンネルではバスケに関した動画を多く配信しています。

サワ&ヤン(サワヤンgames)

サワはバスケ界でも人気のYouTuberで、全国高等学校バスケットボール選手権大会ではベスト8を獲得しています。

大学生のときには、3×3のプロチームに所属していた実力者です。

ゆうた&ゆうま(コムドット)

コムドットはメンバー全員がバスケ経験者であり、自分たちのチャンネルでも度々バスケ企画の動画を配信しています。

なかでも、ゆうたは過去にプロを目指していたほどの実力の持ち主です。

ミクチャにてマネージャーオーディションを開催

クリエイターオールスターズは、当日選手たちのサポートをするマネージャーをライブ配信&動画アプリ「ミクチャ」で募集しました。

マネージャー3名は、ミクチャでの総合獲得ポイントランキングの上位2名と審査員特別賞1名から選ばれました。

人気YouTuberたちとプロチームの試合を間近で見られるだけでなく、タオルやドリンクを選手に手渡しできるなんて夢のような仕事ですよね。

スポンサーリンク

はじめしゃちょーはバスケ経験者?

はじめしゃちょーは小学4年生からバスケを始め、中学・高校とバスケ部に所属していました。

高校時代にはキャプテンも務めていたようです。

そんなはじめしゃちょーのバスケの実力はどれ程なのでしょうか。

バスケの実力は?

青春時代をバスケに捧げてきたはじめしゃちょー。

そのバスケの実力を動画で見てみましょう。

この動画では川崎ブレイブサンダースのプロと1on1の対決をしています。

動画内で互角に対決しておりプロの選手も「めちゃくちゃうまかったです」と褒めていたので、はじめしゃちょーのバスケの実力は高いものと思われます。

実は、はじめしゃちょーは身長が186cmもあるため、長身を活かしたプレーも得意のようですね。

スポンサーリンク

はじめしゃちょーのバスケチームが川崎ブレイブサンダースと対戦

はじめしゃちょー率いるクリエイターオールスターズの対戦相手は、プロチームの川崎ブレイブサンダースでした。

川崎ブレイブサンダースは神奈川県川崎市をホームとする、Bリーグ中地区の強豪チームです。

チームのYouTubeチャンネルもあり、これまでも数多くのYouTuberとコラボしていた経緯から、今回クリエイターオールスターズと対戦することになりました。

試合結果

試合当日まで本業の合間を縫って練習を積んできたクリエイターオールスターズですが、やはりプロチームの実力には及ばず、苦しい試合運びとなりました

試合時間が残り3分の時点で得点は22−46。

実力のみでは勝利が厳しいと判断したはじめしゃちょーは、審判にハーゲンダッツの無料券を渡し交渉を始めました。

交渉に乗った審判は、「クリエイターチームの得点を3倍にする」と宣言する流れに。

その後も秘策を駆使したクリエイターオールスターズですが、結果は52−57で川崎ブレイブサンダースの勝利でした。

はじめしゃちょーは試合後「前半手が震えてシュートが入らなかったけど、いい試合で楽しかったです。」とコメントをしていました。

アーカイブ動画が660万回再生

試合の翌日に配信されたアーカイブ動画は前後半で急上昇ランキングの1位2位を独占していて、いかに注目度が高い試合だったかが分かりますね。

アーカイブ動画は、配信から2週間後には前後編あわせて660万再生を記録しました。

試合から一年以上経った2023年10月現在でも再生数・コメント数は伸び続けていて、人気の高さが伺えますね。

SNSでの反応

クリエイターオールスターズと川崎ブレイブサンダースの試合をみた視聴者の、SNSでの反応をみていきましょう。

「最高の試合でした!」「誰もが一度は試してみたいと思うことを実現してくれるのが、はじめしゃちょーの本骨頂」など、ドリームマッチに感動する視聴者が多くいました。

また、「バスケ観たことなかったけど、1時間以上も楽しみが止まらなかったです」というように、初めてバスケの試合を観戦した人も多く、この試合をきっかけにバスケにハマる人もいたようです。

クリエイターオールスターズと川崎ブレイブサンダースのコラボ試合は、バスケ界にも大きな影響を与えたといっても過言ではないようですね。

バスケ界にも大きな影響があり、視聴者も喜ぶ内容を動画にするはじめしゃちょーは流石ですね。

誰もが一度は試してみたいと思うことを実現してくれるはじめしゃちょーは宝くじを大量購入してその結果も視聴者をドキドキさせ話題になりましたね。

はじめしゃちょーのバスケについてのまとめ

はじめしゃちょー率いる「クリエイターオールスターズ」とプロバスケチーム「川崎ブレイブサンダース」の夢の試合について紹介してきました。

様々なハンデがありましたが、結果は52−57で川崎ブレイブサンダースが勝利を収めた試合でした。

クリエイターオールスターズは試合には勝てなかったものの、諦めない姿勢は多くの視聴者に感動を与え、バスケを見たことが無い人にもバスケの楽しさを教えてくれる試合となりました。

多くのファンから再戦して欲しいとの声も上がっていますので、ぜひリベンジ試合を開催してもらいたいですね。

こんなに視聴者を感動させたはじめしゃちょーでもはじめしゃちょーのことが嫌いと言う人もいてその原因がいくつもあるので意外でしたね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました