PR

引っ越しの3月の予約はいつからとれる?予約状況についても紹介!

引っ越しの3月の予約はいつからとれる?予約状況についても紹介の画像 生活

3月は新年度に向けて、人々の移動が多くなるため1年のなかで最も引っ越しの予約が取りづらく、引っ越しの料金も高くなります。

3月の引っ越しは早めに予約を済ませておきたいところですが、いつ頃から引っ越しの予約が可能なのか、また引越しの費用を抑える方法など気になると思います。

この記事では3月に引っ越しをする上で抑えるおきたいポイントをまとめてみました。

  • 引っ越しを3月にする場合はいつまでに予約をしたらいい?
  • 不測の事態を避けるためには?
  • 引っ越しの料金を安くする方法
  • 引っ越しのキャンセルをする場合
スポンサーリンク

引っ越しを3月にする場合にはいつから予約できる?

引っ越しの予約は、予定日の1〜3か月前から予約出来ます。

実際に調べてみたところ、サカイ引越センター・アート引越センターでは3ヶ月前から見積もりが可能で、日通では2ヶ月前から見積もりが可能ということでした。

見積もり受付日は引っ越し業者によって異なりますが、概ね1~3か月前から予約できるみたいですね。

では、3月に引っ越しを予定している場合、具体例にいつまでに見積を取った方が良いのかご紹介します。

引っ越しの見積もりはいつしたらいい?

3月に引っ越しをする場合、見積もりは予定日の3か月前から2か月前にした方が良いです。

3月の繁忙期は引越しの予約枠が直ぐに埋まってしまう為、他の月に比べて早い段階で引っ越しの見積もりを取る人が増えます。

年明けの1月から2月にかけて見積もり件数が徐々に増える傾向にあり、3月を迎えるといっきに見積もり件数が増加します。

見積もり件数がいっきに増えると、引っ越し業者さんの対応できる範囲を超えてしまい、そこで予約が打ち切られてしまいます。

そうなると予約はおろか、見積もりすらしてもらえない可能性が出てくるので、引っ越しの見積もりは2か月前には済ませておきたいです。

スポンサーリンク

引っ越しを3月にする場合にはいつまでに予約をしたらいい?

3月の引っ越しが大変なのは分かったけど、具体例にいつまでに予約をしたらいいのか悩みますよね。

タイミングといっても、1人で引っ越しをするのか、また複数人で引っ越しをするのか状況によってベストなタイミングは変わってきます。

では具体例にどのタイミングで予約をするべきなのか、単身・家族別に紹介します。

引越し業者の売り上げランキング2023年最新をご紹介していますので、引越し業者を選ぶ目安にしていただけると思います。

一人で引っ越しをする場合

3月に【一人で引っ越し】をする場合、予約は2カ月前から1ヶ月前までに済ませた方が良いです。

1人で引っ越しをする場合は、それほど荷物量は多くはないと思うので、引越しに掛かる時間やコストがそれほどかからないので、荷物の多い引越しに比べて比較的予約が取りやすいです。

ただし、繫忙期は要注意です。

単身の引っ越しであっても、繫忙期は予約枠がすぐに埋まってしまうので、1人の引越しの場合でも遅くても1ヶ月前には予約を取っておきましょう。

複数人(家族等)で引っ越しをする場合

3月に【複数人で引っ越し】をする場合、予約は2カ月前には済ませた方が良いです。

複数人の引っ越しの場合、【複数のベッド】【大きなタンス】【大型家電】など、単身の引越しに比べて家財が大きく荷物量も多くなりがちです。

引っ越し業者さんは、それに合わせて従業員数を多めに手配する必要があるので、人手が足りない繫忙期には予約が取りづらくなります。

また、家財が多くなると引越しの荷造りに時間を取られてしまうので、2カ月前には予約を取り、余裕をもって引っ越しの準備をしましょう。

スポンサーリンク

引っ越し業者が見つからないという事態を避けるためには?

3~4月はとにかく引っ越し業者は大忙しなので「引っ越し業者が見つからない」というケースも珍しくありません。

国土交通省が乗せている引越混雑予想カレンダーによると、3月中盤以降から4月の上旬は引っ越し業者の混雑が予想されます。

可能であればピーク時の引っ越しは避けたいところですが、都合上どうしてもその日に引っ越しをしなくてはいけない人も多いでしょう。

では引っ越し業者が見つからないという事態を避けるにはどうすれば良いのか、その具体例的な方法をご紹介します。

引っ越し予約状況カレンダーを利用する

事前に予約状況を知りたい方は、引っ越し予約状況カレンダーを利用してみてください。

「引っ越し繁忙期の日にちごとの予約状況を知りたい」「繁忙期の中でどの日を避けたほうがいい?」など事前に予約状況を知りたい方は引っ越し予約状況カレンダーを利用してみて下さい。

引越し業者さんによっては、予約状況が一目で分かるカレンダーを掲載しているので、引越しの予定を組む時に役に立ちます。

一括見積を利用する

繫忙期でも予約可能な引っ越し業者を見つけるには、一括見積を利用するのがオススメです。

自分で引っ越し業者を探して、一件づつ予約状況を問い合わせるのは手間ですし面倒ですよね。

そこでオススメなのが一括見積サイトの【引越し侍

引越し侍は、無料で面倒な引越し業者の見積もりを簡単に比較してくれて、空きのある業者や最安値の業者を探すことが出来ます。

引越し侍には2つの比較サービスがあります。

・一括見積もり依頼サービス
入力した引っ越し情報を、複数の引越し業者に同時に配信してくれます。

このサービスは、引越し業者さんから直接折り返しの(メールまたは電話)で料金を知らせてくれるので、複数の業者さんと直接電話で話すことで価格交渉が進めやすいです。

・ネット見積もり比較&予約サービス
引越し情報を入力すれば、すぐにネット上で見積もり金額を比較できます。

このサービスは、電話やメールなしで簡単に引っ越し業者さんを比較できるので、料金の安い引っ越し業者や気になる業者を自分で選ぶ事ができます。

引っ越しの予約のキャンセルは可能?

引っ越し予約のキャンセルについては、基本的に契約時に指定した引越し予定日の「3日前まで」に引越し業者へ連絡をすれば、無料でキャンセルが可能です。

ただし、それを過ぎると基本的にキャンセル料が発生します。

キャンセル料については【標準引越運送約款】において定められたキャンセル料が発生する可能性があります。

  • 引越し予定日の2日前にキャンセルした場合:見積運賃等の20%以内
  • 引越し予定日の1日前にキャンセルした場合:見積運賃等の30%以内
  • 引越し予定日の当日にキャンセルした場合:見積運賃等の50%以内

と定められています。

急な都合で引っ越しをキャンセルしなければならない場合は、すぐに依頼した引越し業者に連絡してキャンセルの意思を伝えましょう。

3月の引っ越しを安く予約するには?

3~4月は引っ越しの料金が驚くほど高くなります。

引っ越し侍のアンケート調査によると、繁忙期である3~4月の引っ越し料金は、他の月に比べておよそ1.5倍から2倍強の見積額となっています。

出費のかさむ新年度を目前に、できるだけ引っ越し料金を安く済ませたいですよね。

そこで、3月にできるだけ引っ越し料金を安くする方法を4つほどご紹介します。

引っ越しの安い曜日・時間帯を調べてその曜日と時間帯に予約する

引っ越し費用が安い曜日と時間帯の予約は、平日の時間指定なしがオススメです。

引越し侍のアンケート調査によると、意外な事に平日と土日の引っ越し料金はあまり変わらないみたいです

ただし、祝日は平日や土日に比べて約30%も費用が高くなるケースがあるので要注意です

時間帯については、午前中に料金が高くなる傾向があるので、午前中もしくは時間指定をしないフリー便を利用すると安くなる可能性が高まります。

また、大手引越し業者の中には、引越し費用が安くなる日をカレンダーで公開しているところがあるのでチェックしてみて下さい。

アリさんマークの引越社

アーク引越センター

サカイ引越センター

こちらの3社を比較してみたところ、平日に安い日を設定していますね。

もし引っ越しをする日が決まっているのであれば、割引価格が適用されるかどうかを引越し業者に確認してみるといいでしょう。

引っ越しする際の荷物の量を減らす

引っ越し費用を安く抑えるには、不要な物は出来るだけ処分して、売れるものはリサイクルショップにもっていきましょう。

単純な話、引越しの料金は荷物が多ければ多いほど作業員の数や必要なトラックの台数が増えるので料金は高くなります。

そのため、引っ越し費用を安く抑えるには、不要な物は積極的に処分して売れるものはリサイクルショップに持っていきましょう。

また、大型家具や家電などは運搬料金が結構かかるので、新居先で新たに買い替えるのも一つの手です。

古い家電は最新の省エネ家電と比べて電気代が多くかかる場合があるので、長い目で見るとお得になるケースもあります。

例えばですが、電子ピアノであれば送料はいくらかかるのかを知っておけば、買い替えを考えておられる場合、引越し前に処分しておけば引越しが楽になる可能性もあります。

引っ越し用の段ボールは家にあるものを活用する

引っ越し用のダンボールが有料だった場合、スーパーや家電量販店から無料で段ボールをもらう事で、引っ越し費用を少しだけ安く抑える事ができます。

引越し業者の多くは荷造り用のダンボールを無料で提供してくれますが、引っ越し業者や一部のプランによっては別途で料金がかかる場合があります。

そういった時、自分でダンボールを用意することで引越し費用を少しだけ安くできます。

無料で段ボールがもらえる場所は

  • スーパー
  • ホームセンター
  • コンビニ

ただし必ずもらえる訳ではないので、行く前にダンボールをもらえるかお店に問い合わせてみましょう。

引っ越しで女一人のダンボール箱は何箱必要なのかや、調達先などを知っておくと用意に時間をかけずに済みます。

引っ越しの見積もりを複数社にお願いして安いところを探す

複数の引越し業者さんに見積もりを依頼する事で、引っ越し費用が安く済む可能性が高まります。

引っ越し料金には定価がないので、同じ内容でも引っ越し業者によって料金が異なります。

ある程度の相場料金はありますが、基本的に引越し業者の言い値になるため、場合によっては2倍近く差がでる事も。

そのため、複数の引っ越し業者に見積を依頼して、他の引っ越し業者と料金を比較する事が大切です。

ただ自分で複数の引っ越し業者に見積もりを依頼するのは面倒ですよね。

そこでオススメなのが一括見積サイトの【引越し侍

「引越し侍」は自分の引越し情報を入力するだけで、複数の引越し業者に見積依頼を同時に配信してくれます。

実際に「引越し侍」を利用した方で、「想定していたより安くなった」と言った書き込みが多数確認できます。

また、見積もりの電話やメールが苦手な方でも、ネット上だけで見積もり金額を比較できるサービスもあるので安心です。

また、引っ越し業者売上ランキングをチェックしてどの引っ越し業者が良いか絞るのも一つの手ですよ。

引っ越しを3月にする場合の予約についてのまとめ

今回は、3月における引っ越しの予約、引っ越し料金を安く済ませる方法などをご紹介しました。

ざっくりと今回紹介した内容をまとめてみました。

1【引っ越しを3月にする場合はいつまでに予約をしたらいい?】
引っ越し予定日の2カ月前、遅くても1か月前には予約を済ませる

2【不測の事態を避けるためには?】
予約状況カレンダーや一括見積サイトを利用して、なるべく選択範囲を広げる

3【引っ越し料金を安くする方法】
出来るだけ多くの業者さんに見積もりを依頼する
運ぶ荷物をできるだけ減らして、引っ越しの安い曜日・時間帯を調べてその曜日と時間帯に予約する

4【引っ越しのキャンセルをする場合】
引越し予定日の「3日前まで」に引越し業者へ連絡をすれば無料でキャンセルが可能
それ以降は、料金がかかるので早めに依頼した引っ越し業者に連絡する。

新年度を気持ちよく迎える為にも、とにかく早めに事前準備をしておく事が重要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました