PR

NiziUは口パクって本当?紅白やFNSなど生歌番組の検証まとめ

niziuは口パクって本当?紅白やFNSなど生歌番組の検証まとめの画像 芸能

日韓合同のオーディション・NiziProjectで選ばれたメンバーで構成されたNiziU

最近では『HEARITRIS』のMVが6000万回を突破したことでも話題になりましたよね。

そんなNiziUですが、デビューしてからずっと口パク疑惑が囁かれているんです。

口パク疑惑は人気のアーティストの宿命ですが、NiziUはいったいどうなのでしょうか?

この記事ではNiziUの口パク疑惑に関する以下のトピックをまとめています。

  • 口パク疑惑がある理由
  • 実際の映像を基に検証
  • 最近好評だった『FIRST TAKE』の感想
スポンサーリンク

NiziUに口パク疑惑がある理由

そもそも、なぜNiziU口パク疑惑が出ているのでしょうか?

その理由は主に3つあります。

1つ目の理由は2020年10月23日から12月25日までミイヒさんが体調不良を理由に活動を休止していたことが関係しています。

その間は不在のミイヒさんのパートをカバーするため裏でCDを流しながらパフォーマンスを行ういわゆる被せを行っていました。

それを知らない一部の視聴者が「口パクをしている」と勘違いしてしまい、口パク疑惑が生まれてしまったようです。

2つ目の理由はこの被せを外して本当の歌声だけを聞こえるようにしたMR除去という動画が投稿サイトに投稿されているためです。

この動画の中には正確に歌声を抽出しているものばかりではなく歌声がところどころ抜けていたり、投稿したファンがより上手く聴こえるように歌声を加工しているものもあります。

それを観た視聴者が口パクをしていると誤解してしまったのも、この疑惑が生まれるきっかけになったようです。

3つ目の理由はデビュー当時NiziUに向けられた期待の大きさです。

NiziUは日韓合同で行われた大規模オーディションで選ばれたこともあり、デビュー前から注目され大きな期待を向けられていました。

しかし、いくら厳しいオーディションを勝ち抜いたとはいえ、当時は平均年齢が16歳ということもあり、パフォーマンスに関しては現役のK-POPアイドルに比べると未熟な面がありました。

それを観た一部の人々が立てた「実力不足をおぎなうために口パクをしているのでは?」という勝手な予測が口パク疑惑につながってしまったようです。

スポンサーリンク

NiziUは口パクなのか生歌番組で検証

では、NiziUは本当に口パクをしているのでしょうか?

ここからは過去にNiziUが出演した生歌番組をふまえて検証していきます。

さっそく見ていきましょう!

2020年9月12日放送【THE MUSIC DAY】

まずはデビューしてから初めてテレビでパフォーマンスを行った『THE MUSIC DAY』。

この番組ではパフォーマンス前のインタビューは日本のスタジオと韓国にいるNiziUの間で生中継を行いました。

しかし、放送事故防止のためかパフォーマンス自体は事前収録したものを放送したのではと言われています。

口パクに関しては、パフォーマンス中に音ズレが起きていたと主張していた視聴者がいたため、恐らく被せの可能性が高いと思われます。

また、後半のラップ部分がCDと違っていたとの声もあるので、被せならばこの番組のために録り下ろした音声でしょう。

この音声も、ダンスパフォーマンス中に録音したのか、それともダンスと音声はそれぞれ別に収録したのか意見が分かれていました。

しかし、初めてのパフォーマンスで失敗は許されないこと、そして韓国ではプレレコードという音声とダンスをそれぞれ別に収録する手法が一般的なことから個人的には後者の線が濃厚だと思います。

2020年10月27日【スッキリ】

続いては二回目のテレビパフォーマンスとなったスッキリ

この日は初めての生放送ということでとても緊張しながらもブレの少ないクオリティの高いパフォーマンスをしていたとの声が多かったです。

しかし、体調不良で休止していたミイヒさんの音声を補うために被せを行っていたこと、マイクなどの音声環境が悪かったことで、ここでも口パクという誤解が生じてしまいました。

2020年10月30日【ミュージックステーション】

初めてのミュージックステーションでは、ファンの方々の発信もあってか被せという概念自体が一般層にも広まり、口パクを疑う人は少なくなっていました

むしろ、肩の力が抜けたパフォーマンスを称賛するコメントが多かったです。

特にメンバーのマコさんの高い歌唱力が注目を集め、「口から音源」など様々に形容されていました。

2020年11月8日【シブヤノオト】

シブヤノオトでは、称賛の声が多数見られた前回のミュージックステーション以上にパフォーマンスを高く評価する人が多かったです。

特に歌唱面に関しては、スタッフ側にも手法が確立されたのか生歌としか思えないほど完成度の高い被せだったよう。

上は実際のパフォーマンスの映像ですが、確かに音ズレもなく、息遣いも入っていて生歌としか思えませんね!

2020年11月25日【ベストアーティスト 2020】

しかし、11月25日に放送されたベストアーティスト 2020では再び口パクがウワサされるようになりました。

口パクに見えたという人の中では特にメンバーのアヤカさんの口の動きが音声とずれているという声が多かったようです。

上は実際のパフォーマンスの映像ですが、皆さんはどう思いますか?

個人的にはところどころ口が動いていないところがあったようにも見えますが、一瞬すぎて確信は持てませんでした。

しかし、ベストアーティスト 2020では他の番組とは違い、2曲も披露したので、マイクにノイズが入るなどの事故を恐れて口パクの比率を多めにした可能性はあると思います。

もちろん、「生歌にしか見えなかった」という声もたくさんあり、特にファンの方からは「パフォーマンスの完成度がさらに上がった」とNiziUの成長を褒める声が多数見受けられました。

2020年11月27日放送【ミュージックステーション】

二度目の出演となったミュージックステーションでは、息継ぎ声の震えなどがマイクに入っていたことから、「口パクではないように見えた」という感想が多かったです。

音源自体もCDとは相違点が見られたため、おそらく被せでパフォーマンスをしたのでしょう。

もしかすると、前回のベストアーティストの反応を受けて口パクの比率を少なくしたのかもしれませんね。

2020年12月2日【スッキリ】

こちらもミュージックステーションと同じく二度目の出演となったスッキリ

この日、日本での正式デビューを果たしたということもあり、「気合が入っている」「ほとんどブレがなくレベルが高い」とNiziUを高く評価する声が多数見受けられました。

この放送でも、口パクを指摘する声は少なく、「生放送なのにちゃんと歌っているのは好感度が高い」と一般の方々からも生歌でのパフォーマンスを称賛するコメントが多かったです。

2020年12月2日【FMS歌謡祭】

スッキリと同日に放送されたFNS歌謡祭でも、NiziUはデビュー曲を披露しました。

その時は視聴者自体が多かったためか、スッキリのときとは違い、生歌を披露していたと感じる人も口パクをしていると感じている人もいらっしゃいました

しかし、口パクを披露していた人の中にも「ラップ部分は本当に歌っている」と感じていた人がいらっしゃったので、個人的には被せでのパフォーマンスを行った可能性が高いと思います。

2020年12月31日【紅白歌合戦】

そして初出場となった紅白歌合戦

正式デビューからわずか29日で出場という女性グループの中では史上最速の記録にファン以外の多くの人がNiziUに注目していました。

この放送では、「基本生歌だけど一部口パクをしている」「口パクをしているメンバーがいる」など口パクを指摘する声もあったものの、全編口パクと主張している人はほとんどいませんでした

また、ここでも「ラップパートは本当に歌っていた」「雑音が入っていた」との声がかなり多かったため、基本歌いつつ被せを使った可能性が高いでしょう。

2022年12月31日【紅白歌合戦】

二度目の出場となった2022年の紅白歌合戦

この年の放送では『CLAP CLAP』という曲を披露しました。

当時は、歌よりもキレのいいダンスを評価する声が多く、歌に関しては生歌と主張する人も口パクだと主張する人もいらっしゃいました

上は実際のパフォーマンス映像ですが、皆さんはどう見えましたか?

個人的には口の動きにズレもないうえ、メンバーの一人がマイクを直すような仕草をしているのもあり、実際に歌っているように見えます。

2023年8月14日【CDTV】

今年の夏に放送されたCDTVでは、『COCONUT』と『LOOK AT ME』を披露していました。

SNSを中心に反応を調べてみると、メンバーの夏らしいデコ出しのヘアスタイルなどのビジュアル面に言及している人が多かったです。

上は実際の映像ですが、口の動きもズレておらず、口パクをしているようには見えませんね!

スポンサーリンク

NiziUが口パクではない理由

以上の検証から、NiziUは被せは行っていますが、どの放送でも息継ぎや声の震えが入っているなど、完全な口パクはしていないことが分かりました。

やはり、K-POPアイドルと並び立つようなアイドルグループを目指して作られたためか、ダンスやルックスだけでなく、歌にも全力で挑んでいるんですね!

被せを使うのは、激しいパフォーマンスの疲れで息切れなどのノイズがマイクに入ってしまったり、音程がブレてしまうのを防ぐためでしょう。

ファーストテイクでは歌唱力とラップのレベルが高いと評判

また、2022年12月16日に投稿されたアーティストが一発撮りで自身の曲を披露するFIRST TAKEに出演した際にはその歌唱力の高さが話題になりました。

披露したのはプレデビューの際に発表された『Make You Happy』。

全体を通しての歌唱力も素晴らしかったのですが、多くの人が曲後半のラップ部分を高く評価していました。

特に、Zeebraさんの娘でもあるリマさんのラップは「素人が聴いても別格だとわかる」と絶賛されており、ラップ部分を収めたショート動画は現在389万回再生されています。

NiziUの口パクについてのまとめ

NiziU口パク疑惑が出ている理由は

  • ミイヒさんが活動休止していた2020年10月23日から12月25日まで、不在のパートを補うため被せを行っていた
  • 音声が抜けていたり加工されているMR除去動画が出回っている
  • デビュー当時に向けられた期待があまりにも大きかった

ためです。

実際の映像を用いて検証してみたところ、NiziUは被せは行っているものの、完全な口パクは一度もしておらず、プロ意識の高さがうかがえました。

NiziUは歌唱力の高さにも定評があり、特にラップは多くの人に高く評価されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました