PR

音楽業界が向いている人とは?職種ややりがい・学歴は必要?

音楽業界が向いている人とは職種ややりがい・ 学歴は必要の画像 バイト

音楽業界で働きたいと考えているものの、どんな仕事があるのか自分は音楽業界に向いている人なのかなど分からない事が多くて迷っている人もいるかもしれません。

音楽が好きだから音楽に関わる仕事をしたいというのは素敵な事だと思います。

そこで音楽業界が向いている人とは?職種ややりがい・学歴は必要というテーマで色々調べて紹介していきます。

スポンサーリンク

音楽業界に向いている人はどんな人?

音楽業界に向いている人はどんな人なのでしょうか。

いくつかピックアップしていきます。

音楽が好き

【音楽が好き】

音楽業界で働くには「音楽が好き・興味がある」というのは重要だと思われます。

ただし音楽に携わるには好きというだけではなく「これだけは誰にも負けない」という得意分野がある人の方が音楽業界には向いています。

音楽の歴史について詳しい、特定のジャンルについて豊富な知識があるという人は面接で有利だと思われます。

情熱がある

【情熱がある】

音楽業界の仕事は人を感動させたり喜ばせたりする事ができる仕事です。

自分のアイディアを形にしたいという情熱がある人に向いていると思われます。

またイベントや撮影などは早朝の出勤や深夜勤務、休日出勤などが当たり前です。

音楽に対する情熱がないと働き続けるのは難しいかもしれません。

得意なジャンルがある

【得意なジャンルがある】

音楽業界に就職する際に自分の得意なジャンルがあるということはとても重要です。

音楽業界に就職できたとしても必ず得意なジャンルの業務に就けるとは限りません。

ですが得意なジャンルを極め続けていれば、周囲からそのジャンルについて聞かれたりする事が増えてくると思われます。

違う部署の人から意見を求められたり、アーティストから頼りにされる事もあるかもしれません。

そういう事が実感できると音楽業界の仕事に就いているという実感と喜びを感じられると思われます。

得意なジャンルがあると高い評価に繋がって就職にも有利なので、得意なジャンルがある人はアピールする事をおすすめします。

体力・精神力がある

【体力・精神力がある】

音楽業界で働くには体力が必要です。

イベントや収録、レコーディングなどの仕事は定時は存在しません。

ライブなどのイベント系の仕事の場合は土日がメインです。

さらに1つのスタッフ数は少人数で構成される事が多く、やらなければならない事がたくさんあります。

体力的にも精神的にもハードな仕事と言われるのはこういった事からです。

憧れの音楽業界で働けたものの短期間で離職してしまう人も少なくないと言われるほど、音楽業界で働いていくには不規則な生活に耐えられる体力が求められます。

物事を柔軟に考えられる

【物事を柔軟に考えられる】

音楽業界で働いていく際に柔軟な考え方を身につけている事も重要です。

アーティストは個性的だったり独創的な考え方をする人が多いと言われています。

そんなアーティストのアイディアを実現させる為に、様々な角度から物事を考えアイデアを完成させる力も求められます。

アーティストと一緒に仕事をするなら、新しいアイデアを積極的に取り入れる柔軟な思考を持っていないとついていけません。

さらに音楽業界は一般的な常識よりも業界の常識などが優先される事もあるので、その状況に応じた柔軟な対応力は必須です。

柔軟な考え方を持っていて好奇心旺盛な人に向いている業界だと言えると思います。

コミュニケーション能力がある

【コミュニケーション能力がある】

音楽業界では人との関わりが切り離せません。

外部との付き合いだけではなく、社内での業務もチームプレーが多いので誰とでもコミュニケーションを取れる方が向いています。

さらに音楽業界ではアーティストやプロデューサー、マネージャーやエンジニア、ディレクターやレコード会社のスタッフなど多くの人々とコミュニケーションを取らなければなりません。

とにかく人と関わる仕事なので、高いコミュニケーション能力が必要不可欠と考えられます。

積極性がある

【積極性がある】

積極性とは自ら進んで行動する姿勢を指し、自発的に考えてアクションを起こせる人には積極性があると言われています。

音楽業界はその積極性は非常に重要で、それには知識を増やす事も必要です。

最新の流行や先輩からの知識、技術を積極的に取り入れて吸収していく事に努めましょう。

スポンサーリンク

音楽業界の職種は?

音楽業界の職種はどんなものがあるのでしょうか。

音楽業界といっても数多くの職種があります。

音楽を作り出すアーティストから曲や歌詞を作る作詞・作曲家、ライブやコンサートを仕切るプロモーターなどさまざまです。

そこで音楽業界の主な職種をご紹介していきます。

アーティスト

【アーティスト】

音楽業界の仕事として真っ先に思い浮かぶのは歌手やバンドマン、DJやミュージシャンなどのアーティストです。

アーティストになる方法はたくさんあるのですが、バンド活動を続けて場数を踏んだり、レコード会社のオーディションを受けるなどの手段があります。

また音楽について学べる専門学校に入り、実力をつけるというのも良いと思われます。

スタジオミュージシャン

【スタジオミュージシャン】

スタジオミュージシャンはレコーディングやライブで演奏のサポートをします。

楽器の演奏ができれば誰でも目指す事が可能で経歴や資格、学歴などは問われませんがプロとしての腕が必要です。

スタジオミュージシャンのほとんどは芸能プロダクションやレコード会社に入って活動していますが、実力と知名度があればフリーランスでもやっていけると言われています。

作詞・作曲家

【作詞・作曲家】

依頼に沿った曲を作るのが作曲家で、作詞家は作曲家の作った曲に合わせて言葉を作ります。

作曲家を目指す人はギターかキーボードなどの楽器を弾けてコードに関する知識が必須で、作詞家を目指す人は、正しい言葉遣いや言葉選びのセンス、流行への感度などが必須です。

サウンドクリエイター

【サウンドクリエイター】

サウンドクリエイターは作曲家に近く、映画やドラマなどの挿入歌やBGM、ゲームの効果音などを作る仕事です。

一般的にはサウンドクリエイターになるには音楽を学べる学校や専門学校に進学し、サウンドの制作会社やゲーム会社に就職します。

ですが専門学校に行かなくても作曲に関する知識や実力、センスがあればサウンドクリエイターになるチャンスはあると思われます。

音楽プロデューサー

【音楽プロデューサー】

音楽プロデューサーはレコード会社やレーベル制作会社で所属するアーティストの売り出し方、楽曲のコンセプトなどの決定権がある音楽制作全般の最高責任者をいいます。

音楽プロデューサーになるには長年の経験値や圧倒的な実績が求められます。

ディレクター

【ディレクター】

ディレクターは音楽プロデューサーの指示に従い現場を仕切る、アーティストのケアをするのが仕事です。

レコード会社の社員がディレクターをやるのですが最初はアシスタントから始めます。

なかには音楽出版社やプロダクションに所属するディレクターもいて、レコーディングは現場のスタッフを指揮して音楽制作がスムーズにいくようにします。

また新人アーティストの発掘や育成など仕事内容はかなり多い事から、きつい仕事かもしれません。

レコーディングエンジニア・ミキサー

【レコーディングエンジニア・ミキサー】

レコーディングエンジニアおよびミキサーは、音楽の録音時の際のマイクをセットやミキサー卓で音のバランスをとったりするなどのイラコライジングを施す仕事です。

音楽制作の基礎となる音源を作るという繊細な仕事で、アーティストやディレクターの理想とする音源を作れるかどうか手腕が問われます。

レコーディングエンジニア・ミキサーには特殊な技術が必要となるので、多くの方は音響関係の技術を学べる専門学校を卒業後にスタジオやレコード会社に就職する方が多いようです。

コンサートプロモーター

【コンサートプロモーター】

コンサートプロモーターはコンサートの全てを取り仕切るプロデューサーです。

コンサートの開催にあたってアーティストやクライアントとの交渉、コンサートの告知やチケットの販売などプロモーション活動や企画、運営を行います。

近年注目度が上がっている人気の職種で、一般的にコンサートプロモーターになるにはイベント関係や音楽業界の事を学べる専門学校や大学を卒業後、イベント会社に就職するのが確実なようです。

PAエンジニア

【PAエンジニア】

PAエンジニアはコンサートの音響を監督する技術者のことです。

舞台裏で機械を調整しアーティストの歌や演奏を客席に最高の状態で届けられるようにします。

PAエンジニアになるには音楽の専門学校や電子工学科・音響のある大学で、音響に関する技術や知識を学びます。

そして卒業後にコンサート制作会社や音響会社などに就職するというのが一般的なようです。

最初はアシスタントをやって経験を積んでメインエンジニアになるまで、最短でも3年くらいはかかるといわれています。

レコード会社のスタッフ

【レコード会社のスタッフ】

レコード会社のスタッフは、配属された部署によって仕事内容が違います。

たとえば宣伝部は自社のCDやDVDなどの広告と宣伝、制作部はCDやDVDなどの制作、営業部はCDやDVDなどを販売店で取り扱ってもらえるように営業をするのが仕事です。

レコード会社のスタッフになるには、高校や大学を卒業後に求人を探してレコード会社に就職するのが一般的と言われています。

スポンサーリンク

音楽業界のやりがいは?

音楽業界は時代に関係なく憧れる人が多い業界です。

スマホで音楽を聴く人もよく見かけるようになり、好きなアーティストのライブやコンサートに行く機会も増えたと言われています。

そんな音楽業界のやりがいについても調べてみました。

自分のアイディアが採用されやすい

【自分のアイディアが採用されやすい】

音楽業界で働いていると自分のアイディアで商品を作るチャンスがあります。

自分のアイディアで作られたものがヒットしたらたくさんの人に商品が触れられる事になります。

またライブなどでは運営側の考えや意見が強く反映され楽曲や衣装、コンセプトなどを決めてアイディアを形にする事もできます。

自分のアイディアを形にできたら楽しいうえにやりがいを感じられるでしょう。

さらにそれが高い評価を受けたり、バズったりしたらもっと頑張れると思われます。

多くの人を感動させる

【多くの人を感動させる】

ライブなどで観客が熱狂している姿を間近で見られるのもこの仕事の魅力の1つです。

ライブの開催などで多くの観客を動員する事ができたら大きな達成感を感じずにはいられません。

制作に関わったらライブや作品などに自分の意見が反映される可能性や、プロモーションの仕事だったら自分のアイディアで作品が注目される可能性も考えられます。

多くの人が感動しているのを目の当たりにできるので、やりがいを感じられるのではないでしょうか。

アーティストの成長を感じられる

【アーティストの成長を感じられる】

音楽事務所のスタッフやプロデューサーになったら、アーティストの成長に関われます。

またアーティストの今後に大きく影響があるプロモーションや、楽曲そのものに携わる事もできます。

自分がマネジメントを担当した、発掘したアーティストの人気が出て、成長していく姿を間近で感じるのはやりがいを感じたり感動できるのではないでしょうか。

音楽業界で働くには?

音楽業界で働くにはどうしたら良いのでしょうか。

新卒と中途採用の2点を紹介します。

新卒

新卒は音楽関係の会社や事務所に新卒採用される事をいいます。

ただし新卒でも技術系や制作系の会社は、最初から正社員で就職できる可能性はかなり少ないようです。

中途採用

中途採用は、「音楽関係の店や会社にアルバイトをしながら経験を積み正社員を目指す、または転職する方法」や「他の業界に就職して経験・スキルを積んだ後で音楽業界に転職する方法」があります。

正社員の募集はありませんが、どこも深刻な人手不足でバイトは常に募集しています。

まずは入りやすいバイトで経験してステップアップを狙うのが1番の近道ではないでしょうか。

音楽業界に学歴は必要?

音楽業界に学歴は必要なのでしょうか。

音楽業界ではあまり学歴は重視されません。

採用されたら音楽関係の知識やスキルを覚えられますが、現場では即戦力となる人材を求めています。

その為、音楽系の専門学校などで基本的な知識や技術を学んで現場実習を経験している方が有利だと思われます。

また音楽業界に就職するのであれば音楽に対する熱意や情熱、やる気や個性をアピールするのがおすすめです。

音楽業界に必要なスキルは?

音楽業界に必要なスキルはどんなものなのかも調べてみました。

音楽業界は学歴よりもスキルを重視するようなので、スキルを身に付ける事がポイントです。

マーケティングスキル

【マーケティングスキル】

音楽マーケティングは、音楽を広める、ファンを獲得する、アーティストのイメージを向上させるなど戦略的な取り組みをします。

音楽産業は市場競争が激しいので、音楽自体が優れているだけでは売れない事もあるので、いかにアーティストが目立ち注目されるようにするのかを考えるのがマーケティングです。

音楽マーケティングの手法にはテレビやラジオ、ソーシャルメディアやストリーミングサービスなどがあります。

これらのメディアを上手く活用して多くの人々にアーティストの音楽や情報を届けます。

また音楽マーケティングには、ライブイベントやフェスティバルなどの開催も含まれていてこれらのイベントはアーティストの知名度向上やファンとの交流に大きく貢献する事になります。

営業スキル

【営業スキル】

音楽マーケティングの営業スキルには「企画力」「コミュニケーション能力」「商品を引き立てる説得力」が求められます。

消費者が求める情報を届けてプロモーションを成功させる企画力、相手が信用できるようなコミュニケーション能力、各メディアとの出演交渉や営業での売り込みができるスキルという事です。

縁の下の力持ちとして働き、関わった商品やアーティストが売れたら自身の努力が報われたと実感できると思います。

MIDI検定試験

【MIDI検定試験】

MIDI検定とはMIDI規格の規格内容の認識、普及啓蒙、活用レベルの標準グレード化を目的としていて平成11年度から始まった認定制度をいいます。

初級クラス3級から始まり現在では最上級クラス1級~入門クラス4級まで制定されているのが特徴です。

MIDI検定が必要となる職業はサウンドクリエイターのみと考えても良いとされています。

1級になると音楽制作を行いプロの仕事に触れていくので、就職する際のアピールとしてある程度は有利だと考えても良いでしょう。

映像音響処理技術者資格

【映像音響処理技術者資格】

映像音響処理技術者資格の試験の難易度は低めですが、合格できれば信頼度の高い資格です。

映像音響処理技術者資格認定試験の合格率は約70%で、マークシート方式で行われます。

合格基準は100点満点中60%の得点率で合格となり、音響の基礎知識や機器の特徴など幅広い勉強が必要となります。

PCスキル

【PCスキル】

音楽業界で働くなら基本的なPCスキルは必須です。

特に企画や制作などに携わるならプレゼンテーション用の資料などを作成する事もあると思います。

そのため、Excel、PowerPoint、Wordなどの基本操作は身に付けておいた方が得策です。

ExcelやWordなどのマイクロソフトオフィス製品の利用スキルを証明できる資格を持っているとなおさら有利だと思われます。

さらに動画編集や音響編集などの経験・スキルがある人は職種によりますが重宝されます。

英語

【英語】

音楽業界の仕事は英語力があると最大の武器になります。

特に英語の楽曲を扱う、海外アーティストと関わる機会などに重宝されます。

TOEICの点数など英語力を証明できると有利なので、英会話ができる人は面接時にアピールする事をおすすめします。

音楽業界はやばい?

音楽業界はやばいのでしょうか。

音楽業界がやばいと言われる理由に「休みが少ない、勤務時間が長い、賃金が勤務時間に見合っていない、理想とのギャップがある」などが挙げられます。

そこで就職してから後悔しないようにするには、自分が何を重視しているのかを考える事が大切です。

好きな事を仕事にするのも働くやりがいの1つですが他にも「音楽業界を通じて将来どうなりたいのか」も重要だと言われています。

就職する際に重視したいことが何かをよく考えて、自分に音楽業界が合っていると思ったら音楽業界に足を踏み入れるのもいいかもしれません。

音楽業界の将来性は?

音楽業界の将来性はどんなものなのでしょうか。

音楽業界の将来性はデジタルコンテンツがどれだけ充実しているかに左右されると思われます。

感染症が流行する前は成長傾向にあったライブやコンサート事業をオンラインに切り替えて、どのように発展させていくかが問われています。

感染症の影響で中止や延期が相次いだものの、配信ライブへの需要は高まっていると考えても良いと考えられます。

オンラインライブは必ず観られる、会場に行かなくてもいい、家で観られる、人件費の削減などがあるからです。

そういった背景から今後は有料型オンラインライブが音楽業界の中心的な事業となるのではないでしょうか。

そういった点から音楽業界の将来性は安定していると思われます。

音楽業界に向いている人のまとめ

今回は音楽業界が向いている人とは?職種ややりがい・学歴は必要というテーマで色々調べて紹介していきます。

音楽業界は「自分が音楽を創って届ける立場として働きたい」と考える人が多く人気の高い業界です。

しかし知識のない曖昧な状態で就職しても続かない業種とも言われています。

そこで、音楽業界に向いてる人はどんな人なのか、やりがいはあるのか、必要なスキルや学歴はあるのかなどを知っておくのが良いでしょう。

感動ややりがいを感じると言われている音楽業界で、自身の力を伸ばしたい方の参考になったら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました