PR

航空券の高騰はいつまで続く?値上がりしていても安く買う方法も紹介

航空券の高騰はいつまで続く? 値上がりしていても安く買う方法も紹介の画像 旅行

航空券の高騰はいつまで続くのでしょうか?

航空券が高騰していると気軽に旅行も行きづらくなるので「早く安くならないかな」とヤキモキしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

特に海外へ行く方は、旅費もかさみますし少しでも安く航空券を購入したいと思うので気になりますよね。

今回の記事は以下のようなニーズやお悩みをお持ちの方におすすめです。

  • 航空券の高騰はいつまで続くんだろう?
  • 航空券が高騰する理由を知りたい。
  • 航空券を安く買う方法などを知りたい。
  • 少しでも航空券の費用を抑えたい。

それでは早速みていきましょう。

スポンサーリンク

航空券が高騰する理由はなぜ?

航空券が高騰しているのは、燃油サーチャージの値上げやコロナによる影響、円安の影響を受けているのが理由になっています。

それぞれ解説をしていきます。

燃油サーチャージの値上げ

航空券が高騰しているのは、燃油サーチャージの値上げが理由になっています。

なぜ燃油サーチャージが値上がりすると航空券が高騰するのかというと、燃油サーチャージは航空券の料金変動に関係があるからですね。

飛行機が運行するには、飛行機の燃料である原油が必要不可欠です。

航空会社が設定している飛行運賃以上に原油が値上げされてしまうと、航空会社も赤字になり飛行機の運行継続に影響が出る可能性も考えられますよね。

なので飛行機の運行を滞りなく続けていくために、航空会社の飛行運賃でまかなえきれない差額分の一部を燃油サーチャージとして航空券に上乗せしています。

世界的に原油が高騰しているので、燃油サーチャージが値上げするのも仕方ないような気もしますが利用者にとってはかなりの痛手ですよね。

また燃油サーチャージは直近4年の間でどれくらい値上げをしたのか、ANA韓国極東ロシアの片道燃油サーチャージの推移を例に見てみましょう。

期間 片道燃油代
2020年6月〜2021年5月 無料
2021年6月〜2021年9月 600円
2022年10月〜2022年12月 6,700円
2023年10月〜2023年12月 3,000円
2024年2月〜2024年3月 4,500円

このように燃油サーチャージは無料の期間もありましたが、徐々に上がっていき2022年10月〜12月には片道燃油代が6,700円にも上りました。

その後2024年2月〜4月には4,500円まで下がりましたが、無料の期間と比べるとここ4年の間に燃油サーチャージは値上げしていることがわかります。

燃油サーチャージは各航空会社が2ヶ月ごとに改定しているので、今後どこまで値上げされるのかとても気になりますね。

コロナによる影響

航空券が高騰しているのは、コロナによる影響も理由になっています。

具体的にどのような影響をうけて航空券高騰に繋がっているのか調べてみたところ、以下の通り2つの要因がありました。

  • 渡航制限が解除され多くの方が国外へ出始めるようになったから
  • 航空会社の人員が不足しているから

コロナ禍により渡航制限を余儀なくされた2020年頃は、飛行機も本数を減らして運行していましたよね。

その後コロナが徐々に終息していき、世界的に渡航制限がなくなると多くの方が自由に国外へ出られるようになりました。

その影響を受けて航空券の需要も高まり、航空券が高騰し始めました。

さらにコロナ禍を受け航空会社も人員削減をしていましたが、利用者が増え始めたことで今度は逆に人員不足になっているのも航空券高騰に繋がっています。

このように航空券が高騰しているのは、コロナの影響も理由の一つになっています。

円安の影響

航空券が高騰しているのは、円安の影響も理由になっています。

飛行機の燃料になる原油の取引は、ドル建てで行われているからです。

円の価値が下がっているとドルを買うために、費用がかさむことになりますね。

原油の取引で費用がかさむと、燃油サーチャージの料金も上がり航空券の高騰へと繋がってしまいます。

円安の状況だと巡り巡って航空券の高騰にも繋がるので、為替の動きも都度チェックしておきたいところですね。

このように航空券が高騰するのは円安の影響を受けて、原油の取引時に必要な費用がかさんでいることも理由になっています。

スポンサーリンク

航空券の高騰はいつまで続く?

航空券の高騰がいつまで続くのかは、燃油サーチャージや為替の変動具合によります。

航空券は燃油サーチャージや、為替変動の影響をうけるからですね。

ちなみに直近2024年2月〜3月の燃油サーチャージの金額は引き下げになっています。

燃油サーチャージに関しては各航空会社で2ヶ月おきに金額が改定されていますが、為替になると毎日変動しているのでいつまで高騰が続くのか具体的に明言しずらいところがありますね。

ただ航空券の高騰が落ち着く時期を推測することはできます。

推測するためには各航空会社の燃油サーチャージの推移や、為替の変動を追っていくと航空券の高騰がいつまで続くのか見通しを立てるヒントになります。

スポンサーリンク

航空券が高騰していても安く買う方法

航空券が高騰していても安く買う方法は以下の通り4つあります。

  • オフシーズンに買う
  • 早期割引を使う
  • セールを狙う
  • 燃油サーチャージがない航空会社で買う

ひとつずつ解説をしていきますね。

オフシーズンに買う

オフシーズンに航空券を買うと、価格が高騰していても航空券が安く買える場合もあります。

オフシーズンで飛行機の利用者が減ると、航空券の値段も安くなるからですね。

航空券の値段が安くなるオフシーズンについては以下の通りです。

  • お正月が過ぎた頃(旧正月がある国は対象外)
  • 4月上旬〜下旬頃
  • 11月〜12月頃

ハイシーズン中の旅行もにぎやかで活気があり楽しいですが、オフシーズンでゆったりとした時間を過ごすのも良いですよね。

また日本ではオフシーズンだとしても、滞在先がハイシーズンだった場合は航空券も安くはならないので注意しましょう。

早期割引を使う

早期割引を使うと、価格が高騰していても航空券が安く買える場合がもあります。

航空券は早めに予約するほど安く購入できるからですね。

ちなみに国内旅行の場合は出発日の3ヶ月前、海外旅行の場合は出発日の6か月前に航空券を予約しておくと安く購入できる可能性が高いですよ。

また先々の予定が不透明な方も出発日の7日前や、前日予約も早割対象になる航空会社もあるのでチェックしてみましょう。

セールを狙う

セールを狙うと、価格が高騰していても航空券が安く買える場合もあります。

航空会社や旅行予約サイトではこのように度々セールが開催されており、航空券もお得になっている場合があるからですね。

特に海外旅行は旅費がかさみますし、セールを有効利用したいものです。

セールを利用すると通常料金よりどれほどお得になるか、見比べてみるのも楽しいと思います。

航空券のセール情報は、各航空会社や旅行予約サイトのSNSや公式サイトで配信していることが多いですよ。

燃油サーチャージがない航空会社で買う

燃油サーチャージがない航空会社で買うと、価格が高騰していても航空券が安く買える場合もあります。

例えばカタール航空やシンガポール航空、カンタス航空などは燃油サーチャージがない航空会社と言われていますよ。

なお燃油サーチャージがない航空会社は、原油の高騰状況によっては今後料金が発生していく可能性もあるので注意しましょう。

航空券の高騰に備えてマイルを貯めるのもおすすめ

航空券の高騰に備えてマイルを貯めるのもおすすめです。

貯めたマイルを特典航空券と交換できるからです。

特典航空券は貯めてきたマイルで交換できるので、実質航空券が無料になりますよ。

特典航空券に必要なマイルは、航空会社や時期によって変動するので確認してみましょう。

また特典航空券は基本的に燃油サーチャージの対象ですが、以下の投稿のように燃油サーチャージが不要の航空会社を利用して無料にすることもできます。

ちなみにこちらの投稿者の方が利用されたエチオピア航空は、ANAと同じアライアンスに所属している燃油サーチャージがかからない航空会社です。

このように同じアライアンスに所属している燃油サーチャージ不要の航空会社も利用できれば、燃油サーチャージを回避しつつマイルも貯められますよ。

せっかく航空券が無料になったのなら、燃油サーチャージもかからずにマイルも貯められるお得な方法を試していきたいですよね。

航空券が高騰している今だからこそ、マイルを貯めて上手に特典航空券を利用してみましょう。

航空券の高騰はいつまでについてのまとめ

今回は航空券の高騰はいつまで続く?値上がりしていても安く買う方法を紹介しました。

航空券の高騰はいつまで続くのか、残念ながら具体的な期日は決まっていません。

ただ2ヶ月に一度改定される燃油サーチャージや、為替の動きを見ながら高騰が落ち着く時期を推測していくことはできます。

また航空券が高騰していても航空会社のセールや早割、マイルなどを有効活用すると安く買える場合もあるので試してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました