PR

中国行き航空券が高いのはなぜ?理由や安く購入する方法などを紹介!

中国行き航空券が高いのはなぜ?理由や安く購入する方法などを紹介の画像 旅行

魅力的な観光地がたくさんあり、旅行先として人気の高い中国。

距離はそこまで遠くないのに、なぜか航空券が高い…と思ったことはありませんか?

この記事では、

  • 中国行きの航空券が高いのはなぜかという理由
  • 中国行きの航空券が高いけど相場はどれぐらい?
  • 中国行きの航空券を安く購入する方法
  • 中国行きの航空券についてよくある質問

について解説していきたいと思います。

中国への旅行の前にぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

中国行きの航空券が高いのはなぜかという理由

中国行きの航空券が高いのはなぜか、理由は主に

  • 航空機不足
  • スタッフの不足
  • 燃油サーチャージ
  • 運行回数や搭乗客数の制限
  • 価格設定

の5つが挙げられます。

それではひとつずつ詳しく解説していきます。

航空機不足

中国行きの航空券がなぜ高いか、1つ目の理由は航空機の不足です。

新型コロナウイルスの感染拡大が最盛期だったころ、世界中で渡航制限が敷かれたため航空機は長い間待機状態にありました。

そういった航空機は運行できるようになるために機体をくまなく点検する必要があり、また長期間の待機で傷んでしまっている可能性もあります。

また部品の原材料価格が高騰していることもあり、修理費用も高くなっている傾向にあります。

それらを補填するため、航空券の価格が高くなってしまっています。

スタッフの不足

中国行きの航空券がなぜ高いか、2つ目の理由はスタッフの不足です

これにも新型コロナウイルスの感染拡大が関係しています。

コロナ渦によって航空会社は大きな損失を受け、スタッフの削減や転職が相次いだため人手不足が続いています。

サービスの質の維持やスタッフがこれ以上不足しないようにコストがかかるので、結果的にスタッフ不足が中国行きの航空券が高くなる一因になっています。

燃油サーチャージ

中国行きの航空券がなぜ高いか、3つ目の理由は燃油サーチャージです

燃油サーチャージとは、燃油価格の急激な変化に対応できるように設定された加算料金のことです。

いまだ原油価格の高騰が続いており、燃油サーチャージもそれに合わせて価格が下がっていないため、中国行きの航空券の値段が高くなっています。

運航回数や搭乗客数の制限

中国行きの航空券がなぜ高いか、4つ目の理由は運行回数や搭乗客数の制限があるからです

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、世界中で国際線の運航回数や搭乗客数に厳しく制限がかかり、航空券の値段がかなり高くなりました。

その制限が緩和した今では、コロナ渦の反動で「運賃が高くても旅行したい」という人も増えたため、航空券の値段が高いままになっています。

価格設定

中国行きの航空券がなぜ高いか、5つ目の理由はそもそもの価格設定が高くなっていることです

中国行きの航空券を利用するのは日本人だけでなく、日本に旅行に来た中国人も復路として利用します。

中国人の旅行先として日本の人気は高く旅行に来る人が多いので、航空券を安くしなくても利用者がいることになります。

そのため、中国行きの航空券は高い価格設定になっています。

スポンサーリンク

中国行きの航空券は高いけど相場はどれくらい?

中国行きの航空券の相場は5万円です。

中国はかなり広く、行きたい地域によって気候や季節が違うため、前後2~5万円程度の変動があります。

せっかく中国に行くなら、少しでも安く航空券を購入したいですよね。

次は中国行きの航空券を安く購入する方法をご紹介していきます。

スポンサーリンク

中国行き航空券を安く購入する方法

中国行きの航空券を安くする方法は、主に

  • LCC
  • 早期割引
  • 平日
  • 時間帯

の4つをうまく利用して予約することです。

それでは1つずつご紹介していきます。

LCC

中国行きの航空券を安く購入する方法の1つ目はLCCを利用することです。

LCCは機内食などのサービスや専用ターミナルをなくすことでコストを削減しており、大手の航空会社よりも安く航空券を購入することができます。

日本から中国へはどの地域もほとんど半日もかからずに到着するので、機内でのサービスや環境がそこまで充実していなくても気にならない人にはもってこいです。

航空券の安さを重視したい場合はLCCを利用することをおすすめします。

早期割引

中国行きの航空券を安く購入する方法の2つ目は、早期割引を利用することです

早期割引とは、飛行機を利用する数か月~2週間前に予約することで航空券を割引価格で購入できるサービスのことです。

この早期割引は大手航空会社だけでなくLCCでも導入している会社が増えているので、より安く航空券を購入することができます。

飛行機を利用する日までに余裕があるのであれば早めに航空券を予約して、早期割引を利用しましょう。

平日

中国行きの航空券を安く購入する方法の3つ目は平日の便を予約することです

基本的に、航空券は繁忙期を除いて月曜日~木曜日の平日は安く設定されています。

旅行の日程に融通が利くのであれば、平日の航空券を購入すると安く抑えることができます。

時間帯

中国行きの航空券を安く購入する方法の4つ目は、時間帯をずらすことです。

航空券の値段は、利用者の少ない早朝や深夜の便は割安になっています。

時間に余裕がある場合は時間帯をずらして安く中国行きの航空券を購入するといいでしょう。

ただ、早朝や深夜の場合は空港までの交通手段が限られるので、必ず事前に確認してください

中国行きの航空券についてよくある質問

中国行きの航空券について、よくある質問についてまとめました。

ここでは、

  • いつ安くなるの?
  • 何曜日に安く予約できる?
  • 何日前に買えばいいの?

この3つについて解説していきたいと思います。

いつ安くなるの?

中国行きの航空券が安くなるのは11月~2月です。

ただ、中国には1月の年始後~2月中旬にかけて春節という中国のお正月があり、この時期はかなり航空券が高くなります

春節を避けた11月~2月の間の旅行なら航空券を安く抑えることができます。

何曜日に安く予約できる?

中国行きの航空券が安くなる曜日は月~木曜日の平日です。

特に、月曜日と火曜日はほかの平日より安くなることもあります。

お休みに融通が利くのであれば平日の航空券にすることで安く予約することができます。

何日前に買えばいいの?

中国行きの航空券を安く購入するには、2か月前~2週間前に予約することをおすすめします。

基本的に国際線の航空券は330日前から予約ができますが、あまり早い段階だと割引運賃になっておらず、割高になってしまうことがあります。

ANAやJALは75日前から早期割引が適用になり、その他の航空会社も2か月前頃から早期割引になることが多いです。

2か月前~2週間前に予約すれば、席を確保できる可能性も高く、なおかつ航空券を安く購入することができます。

中国行きの航空券が高いのはなぜかについてのまとめ

この記事では、中国行きの航空券が高いのはなぜかについて解説しました。

主な理由はコロナ渦の影響で続いた航空機やスタッフの不足、運行回数や搭乗客数の制限、燃油サーチャージの高騰でした。

中国行きの航空券の相場は5万円前後ですが、LCCや早期割引を利用したり、曜日や時間帯を工夫することで安く購入することができます。

中国への旅行や出張の際はぜひこの記事を参考に、お得に航空券を利用してくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました