PR

ジェットスターの乗り心地は?座席のおすすめや他社との比較も

ジェットスターの乗り心地は?座席のおすすめや他社との比較もの画像 旅行

ジェットスターは国内のLCCの中でも人気が高く、多くの人に利用されています。

安さも魅力ですが、やはり飛行機は乗り心地の良さが大切です

ジェットスターに乗ったことがない場合は、その乗り心地が気になりますね。

今回は、ジェットスターの乗り心地について、SNSでの評判を確認しながら解説していきます。

さらに、おすすめの座席や機内でのサービス内容についても紹介します。

他の航空会社との乗り心地の違いが気になるという人も、目を通してくださいね。

スポンサーリンク

ジェットスターの乗り心地についてのSNSの評判

ジェットスターの乗り心地については、実際に利用した人の意見が良い参考になります。

SNSでのジェットスターの乗り心地の評判では、以下のような意見が確認できました。

  1. 座席が狭い
  2. CAさんの対応が普通
  3. 遅延が多い

それでは、まずは気になる座席の狭さからチェックしていきましょう。

座席が狭い

乗り心地については、座席の狭さに関する意見が多く見つかりました。

狭いから、もう乗らないとの意見です。

長時間のフライトでは、リラックスできないかもしれませんね。

AirPodsProのケースを、膝と前の座席の間に挟んでその狭さをわかりやすく表現しています。

確かに、最前列なら狭さが気になりませんね。

そこまで窮屈には感じなかった、乗り心地は良かったという好意的な意見もありました。

狭さをストレスと感じるかどうかは、個人差もありそうですね。

CAさんの対応が普通

快適なフライトには、CAさんのきめ細やかな対応は欠かすことができません。

ジェットスターのCAさんの対応については、いろいろな意見がありました。

CAさんの対応の悪さを指摘する意見がありました。

CAさんの対応は、特に丁寧でもなく、悪くもなく普通との意見です。

可もなく不可もなくという感じでしょうか。

こちらは、CAさんの対応が良かったという意見です。

スタッフによって、対応力には差があるのかもしれませんね。

遅延が多い

ジェットスターの評判では、遅延についての意見が多く見つかりました。

さすがに、6時間の遅延はつらいですね。

これでは、予定も大幅に狂ってしまいます。

こちらの方は、7時間の遅延に巻き込まれてしまいました。

待ち時間が長いのは、疲れますし、つらいですね。

遅延は想定内との意見です。

ジェットスターの遅延を、何度も経験しているのかもしれませんね。

遅延が多いのが不安という人は、ジェットスターだけではなく、別の航空会社にも目を向けてみると良いかもしれません。

迷ったときは、比較サイトなどを活用することをおすすめします。

トラベリスト は、国内外の航空券を最安値で検索・予約できる人気のサービスです。

LCCを含む航空券を簡単に比較・予約できますので、比較や予約に役立ててくださいね。

スポンサーリンク

ジェットスターで乗り心地の良い座席は?

ジェットスターで快適な空の旅を楽しむなら、乗り心地の良い座席を選ぶことが大切です。

ここでは、座席の種類と特徴について解説していきます。

それぞれの特徴を理解して、乗り心地の良い座席を選んでくださいね。

座席の種類

ジェットスターの座席の種類は以下の3つがあります。

  1. スタンダード
  2. アップフロント
  3. エクストラレッグルーム

まずは、スタンダードから見ていきましょう。

スタンダード

価格の安さで選ぶなら、スタンダードシートに注目してみましょう。

おトクな価格で指定できる座席で、窓側や通路側の座席、家族や友人と隣り合った座席などを選ぶことができます。

足元は狭いので、快適さよりも安さを求める人に向いています。

アップフロント

アップフロントシートは、機内前方に位置する座席です。

足元の広さはスタンダードと変わりませんが、飛行中の揺れが少ないことが利点です。

またアップフロントシートは、入口に近いこともあり、目的地に到着後、飛行機から早めに降りられるのもメリットです。

エクストラレッグルーム

エクストラレッグルームは、足元の広さやシートピッチの広さが魅力です。

体格が大きい人や、足を伸ばしてリラックスしたいという人におすすめの座席です。

ジェットスターは狭いといわれがちですが、エクストラレッグルームなら快適な空の旅を楽しめそうですね。

座席の位置

乗り心地の良さを重視するなら、座席の種類だけではなく、座席の位置にもこだわりたいですね。

ここでは、座席の位置について以下2点を解説していきます。

  1. おすすめの座席
  2. 避けたほうがいい座席

まずは、おすすめの座席から紹介します。

おすすめの座席

スタンダード席なら、前よりの窓際の座席をおすすめします。

前よりの席はエンジンから離れているので、揺れが少なく、音も静かです。

出入り口が近く、早く降りられることもメリットです。

窓際なら、外の景色や雲の流れを楽しむことができますし、背もたれだけではなく、壁によりかかることができます。

通路側の席は、自由に通路に出られることがメリットです。

トイレに行くときや、荷物を取り出すときに隣の人に動いてもらう必要がありません。

外の景色を楽しむことはできませんが、通路側に足や体を少し出すことができるので、よりスペースを広く利用することができます。

背の高い人などは、あえて通路側を選ぶのも良いかもしれません。

避けた方がいい座席

避けたほうがいい座席は、真ん中の席です

LCCは狭いので、両隣に人が座っていると落ち着かず、ストレスの多いフライトになる可能性があります。

隣の一方や両隣が家族や友人であれば、問題ありませんが、一人旅では避けたほうが良いかもしれません。

スポンサーリンク

ジェットスターの乗り心地を機内の設備やサービスでチェック

ジェットスターの乗り心地は座席だけではなく、機内の設備やサービスも重視したいですね。

ここでは、ジェットスターの機内設備やサービスについて、以下3点を解説していきます。

  1. 機内の設備
  2. 機内食
  3. 持ち込めるもの

それでは、ひとつずつ説明していきます。

機内の設備

エコノミークラスでは、オプション・サービスを選び、基本運賃に追加していくスタイルです。

フライトによっては、ヘッドセット付きのビデオ・オン・デマンド・ユニットがレンタル可能です。

映画、TV番組、ミュージックビデオ、子供向け番組などのコンテンツが用意されており、ヘッドセットだけで音楽チャンネルを楽しむこともできます。

ビジネスクラスでは、ゆったりとした革張りシートが用意されており、広々として空間でフライトが楽しめます。

シートには電源が内蔵されており、フライト中もノートPCや音楽プレイヤーを利用することができます。

すべての座席は、好みの角度に調節ができ、ウィング付きヘッドレストが装備されているので快適に過ごすことができます。

足元は広々としており、折り畳み式のフットレストを利用すれば、よりリラックスした姿勢を保てます。

ノイズキャンセリング機能のある特別設計のヘッドセットも用意されており、様々な機内エンターテインメントが楽しめます。

機内食

ジェットスターのビジネスクラスでは、コース形式の食事と簡単な朝食や軽食が用意されています。

西洋料理・アジア料理・ベジタリアン料理など新鮮な食材を使用したメニューから選ぶことが可能です。

普通運賃の場合は、機内食は用意されておらず、食事をしたい場合は基本運賃に追加するという形になります。

地域ならではのメニュー、洋食やベジタリンメニューなどからも選ぶことができます。

一部の温かい食事メニューは、予約時にのみ購入可能です。

持ち込めるもの

ジェットスターで機内に持ち込める手回り品は、ハンドバッグや文庫本、財布・ノート型パソコン・コート・傘・免税品などです。

重量は、キャリーケースなどの手荷物1個と、ハンドバッグなどの手回り品1個の計2個、合計7kgまでです。

オプションを追加した場合は、合計14kgまで持ち込みが可能になります。

ジェットスターと他の航空会社の乗り心地を比較

格安料金のジェットスターと、他の航空会社では乗り心地がどの程度違うのかが気になりますね。

ここでは、以下のような他の航空会社との乗り心地を比較しています。

  1. 大手航空会社(FSC)との比較
  2. MCCとの比較
  3. 他のLCCとの比較

それでは、まずは大手航空会社と比較してみましょう。

大手航空会社(FSC)との比較

FSCは「フルサービスキャリア」の略で、飛行機の機体は大きめです。

料金は高めに設定されていますが、信頼性が高く、サービス面でも充実しています。

LCCは、座席を多くしていることから、座席は狭くなりますが、FSCは座席も広々としており、リラックスして過ごすことができます。

機内食やドリンク類が充実しており、無料で提供されます。

キャンセルや遅延が合った場合、振り返え便やホテルの手配をしてくれるなど、緊急時の対応もしっかりと行われています。

多くの荷物を無料で預けることができるのも、大手航空会社の良いところです。

エンターテイメントが充実しているので、長旅でもストレスなく過ごすことができます。

長距離飛行で、質の高いサービスを求める人に向いています。

MCCとの比較

MCCは「ミドルコストキャリア」の略で、中堅航空会社とも呼ばれています。

スカイマークスターフライヤーなどがMCCにあたります。

LCCとFSCの中間的な存在で、サービスや料金も両社の中間あたりです。

LCCと比べて足元にはかなり余裕があり、シートピッチはFSCと同等です。

ジェットスターと比較しても、乗り心地はかなり良いといえるでしょう。

特別充実したサービスでなくても良いけれど、ジェットスターよりもプレミアム感を味わいたい人におすすめです。

MCCの中でも、スターフライヤーは他社よりも座席スペースが広く、シートモニターやUSBポートを搭載するなど、設備が充実しています。

全座席革張りのモノトーンで仕上げられており、費用を抑えながらも、落ち着いた豪華な雰囲気を楽しめます。

他のLCCとの比較

他のLCCも、ジェットスターと同様に料金の安さが魅力です。

そのかわり、座席は狭く、サービス内容についてもFSCやMCCに比べると劣ります。

ジェットスターと、他のLCCを比べても座席の広さや、持ち込みできる荷物の量、料金などには大差はありません。

迷ったときは、各社のサービス内容や料金を比較して、最適なLCCを選んでください。

ジェットスターは他のLCCと比べても、発着空港の数が多めです。

行き先に合わせて、使い分けるのも良いかもしれませんね。

航空会社の選び方で悩んだときは、トラベリスト で比較してみることもおすすめです。

格安の航空券や複数航空会社の運賃を一括で比較できますし、空席情報などもリアルに確認できるのでとても便利です。

安く、乗り心地の良い座席をお探しの方も、ぜひ活用してくださいね。

ジェットスターの安全性が低く怖いって本当?

ジェットスターが低価格で提供できるのは、安全性に問題があるからではありません。

ジェットスターは格安ということから、安全性に問題があるのではという意見を聞くことがあります。

安さの秘密は、整備の効率化や人件費の削減など、徹底したコストカットの努力によるものです。

ジェットスターは遅延や欠航率はやや高めですが、今までに大きな事故は起こしていません。

BUSINESS INSIDERで紹介されている「世界で最も安全な航空会社トップ25」2024年版の、「最も安全な格安航空会社」でジェットスターは1位に選ばれています。

ジェットスターは、安さと安全性を両立した安心して利用できるLCCといえるでしょう。

ジェットスターの乗り心地のまとめ

今回は、ジェットスターの乗り心地について調べてみました。

ジェットスターは安さが魅力ですが、狭いことから乗り心地は抜群とまではいえないかもしれません。

とはいえ、座席の種類によっては、足元が広くゆったりとくつろぐことも可能です。

安いから安全性が低いということはなく、ジェットスターは安全性でも高く評価されています。

座席の位置によっても、快適さは変わってきますので、じっくりと比較しながら乗り心地の良い位置を選んでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました