PR

ネカフェの一泊料金は安くておすすめ?女性や高校生も宿泊可能か解説

ネカフェの一泊料金は安くておすすめ女性や高校生も宿泊可能か解説の画像 旅行

近年ではネカフェは誰でも気軽に利用できるものになってきました。

しかも24時間営業なので終電を逃した時などに一泊できて助かった、という方もいるのではないでしょうか。

漫画やPCが使えてドリンクなども飲み放題という点も魅力的だと思うものの、ネカフェに1人で一泊するのは不安に感じるという声もあります。

そこでネカフェの一泊料金は安くておすすめなのか、女性や高校生も宿泊可能か調べてみました。

スポンサーリンク

ネカフェ(ネットカフェ)で一泊することはできる?

ネカフェ(ネットカフェ)で一泊することはできるのでしょうか。

ほとんどのネカフェ(ネットカフェ)は24時間年中無休で営業しています。

そういう点から時間ごとに発生する料金を払えば宿泊できると考える方が多いと思われます。

しかしあくまでもネカフェ(ネットカフェ)なので「宿泊OK!」と大っぴらに言えないようです。

そこで「仮眠程度なら大丈夫」というスタンスを取っていると考えられます。

最近ではビジネスマンや仮眠を取りたい人たちの為に「宿泊プラン」の料金があるネカフェ(ネットカフェ)もあります。

スポンサーリンク

ネカフェ(ネットカフェ)一泊の料金相場

ネカフェ(ネットカフェ)一泊の料金相場を紹介します。

ネカフェ(ネットカフェ)に一泊した際の相場はどれくらいなのか調べてみました。

2023年12月時点の相場は、およそ一泊(8時間~10時間利用した場合)1,500円~3,000円程度です。

参考までに都内のカプセルホテルだと3,000円~5,000円かかります。

値段も魅力的ですがネカフェ(ネットカフェ)はネットが使える、漫画が読める、フリードリンクもあるなどお得感があるのではないでしょうか。

ホテルより高くなる場合があるので要注意

ネカフェ(ネットカフェ)は利用方法を間違えると、ホテルより高くなる場合があるので要注意です。

店舗名 料金
マンボー 2,500円~3,000円
自遊空間 2,000円~3,000円
快活クラブ 2,000円~3,000円
ポパイ 2,000円~3,000円
アプレシオ 2,200円~3,300円
ゲラゲラ 1,900円~2,200円
コミックバスター 1,580円~1,780円
DiCE 2,600円~4,200円
カスタマカフェ 2,200円~2,310円

※12時間利用した際の料金で、シートによって料金が変わります(都内にある店舗料金)。

ナイトパックの利用がおすすめ

ナイトパックの利用がおすすめで、受付の際に利用時間が長くなると言えばナイトパックをおすすめしてくれるネカフェ(ネットカフェ)が多いです。

利用する前に料金の確認をおすすめします。

スポンサーリンク

ネカフェ(ネットカフェ)に泊まるのに年齢制限はある?

ネカフェ(ネットカフェ)に泊まるのに年齢制限はあるのでしょうか。

基本的にネカフェ(ネットカフェ)には年齢制限があります。

初めての利用の際には年齢に関わらず身分証明書の提示が必要です。

ネカフェは一泊なら高校生でも利用できる?

ネカフェは一泊なら高校生でも利用できるのかも調べてみました。

条例では18歳未満の場合、深夜23時~翌4時までネットカフェの利用は禁止されています。

その為、保護者同伴でも高校生がネカフェ(ネットカフェ)で一泊する事はできません。

さらに鍵付きの個室の部屋は時間に限らず18歳未満の場合は利用禁止です。

店舗や地域によって違いますが、高校生の利用は快活クラブは16歳未満は20時まで、18歳未満は22時となっています。

ネカフェ(ネットカフェ)に一泊できるおすすめの店

ネカフェ(ネットカフェ)に一泊できるおすすめの店も紹介していきます。

9店舗挙げてみました。

快活クラブ

快活クラブ /
入会金 370円(アプリ入会なら無料)
利用料金 ナイト8時間パック週末料金:1,780円
女性専用エリア あり
シャワー あり
飲食物の持ち込み 可能
予約 可能

フラットやリクライニングだけではなくマッサージシートやビジネスシートなど席種も豊富で、その他にも女性専用エリアやリビングルームもあります。

マンボー

マンボー /
入会金 無料
利用料金 休日6時間ナイトパック:1,500円
女性専用エリア あり
シャワー あり
飲食物の持ち込み 可能
予約 可能

フードメニューはありませんが、会員登録なしで気軽に利用できます。

自遊空間

自遊空間 /
入会金 無料
利用料金 6時間ナイトパック週末料金:2,210円
女性専用エリア あり
シャワー あり
飲食物の持ち込み 不可
予約 可能

マンガだけではなくオンラインゲームやダーツ、ビリヤードなどアミューズメントが充実しています。

ボリューム満点のフードメニューも大好評です。

ポパイ

メディアカフェポパイ /
入会金 浜松店・大分駅前店・わさだ店のみ有料
利用料金 6時間ナイトパック週末料金:1,650円
女性専用エリア なし
シャワー あり(6時間パック以上は40分無料)
飲食物の持ち込み 可能
予約 可能

シネマチャンネル見放題でコミックやダーツもあり、立地が駅近の店舗が多い、座席数が多いという点が好評です。

アプレシオ

アプレシオ /
入会金 無料
利用料金 期間限定1Day24時間パック週末料金:1,980円
女性専用エリア あり
シャワー あり
飲食物の持ち込み 不可
予約 可能

広くて開放感のある店内が人気の理由の1つです。

店内の清掃が行き届いていてアメニティが充実している点も女性から支持されています。

ゲラゲラ

ゲラゲラ /
入会金 110円
利用料金 ナイトフリータイム18時~翌9時:1870円
女性専用エリア なし
シャワー あり
飲食物の持ち込み 可能
予約 可能

何人かでワイワイ利用するよりは昔ながらのインターネットカフェという雰囲気があり、男性の隠れ家のような存在です。

コミックバスター

コミックバスター /
入会金 有料
利用料金 6時間パック週末料金:2000円
女性専用エリア あり
シャワー あり
飲食物の持ち込み 不可
予約 可能

「日常生活の一部として利用できる複合カフェ」がコンセプトなので落ち着いた空間となっています。

入会金はかかるものの満足度の高さが好評です。

DiCE

DiCE /
入会金 300円(アプリ入会なら無料)
利用料金 6時間パック:2100円
女性専用エリア あり
シャワー あり
飲食物の持ち込み 店舗による
予約 可能

清潔感のある近未来的でスタイリッシュな店内で快適な時間を過ごせます。

ファミレスのようなフードメニューを堪能できるのも人気です。

カスタマカフェ

カスタマカフェ /
入会金 無料
利用料金 8時間ナイトパック:1,850円
女性専用エリア なし
シャワー あり
飲食物の持ち込み 可能
予約 可能

関東近郊エリアにあるラウンジのような店内は女性からも人気があります。

ほとんどの店舗にコインランドリーがあるので、店舗によっては150円で館内着が借りられるサービスがあるので着ている服も洗えます。

ネカフェ(ネットカフェ)に一泊するときの注意点

ネカフェ(ネットカフェ)に一泊するときの注意点を挙げていきます。

6つあるのでチェックしてみて下さい。

予約可能かどうか

ネカフェ(ネットカフェ)に一泊する際は予約しなくても利用できる可能性が高いです。

突然泊まる事になっても予約無しで利用できる為、無理に予約をする必要はありません。

シートのタイプ

シートのタイプも重要です。

  • オープン席
  • リクライニング席
  • フラットシート席
  • ハイバック席
  • VIP席
  • マッサージ席
  • ペアフラット席
  • ペアソファー席

店舗によって種類が違うので使いたいタイプがある場合は、置いてあるか利用時間に空いているかを確認が必要です。

ちなみに一泊するならブース全体がマットになっているフラットシートをおすすめします。

ビリヤードやダーツの有無

アミューズメント希望の方はビリヤードやダーツの有無を確認すると良いです。

ネカフェ(ネットカフェ)によってはパック料金に含まれている店舗もあります。

分煙かどうか

タバコを吸う、吸わないは重要な問題ですよね。

最近は「完全禁煙」「喫煙専用室」「加熱式たばこ専用ブース」がある店舗が増えています。

シャワールーム完備か

シャワールームを使いたい方は確認は必須です。

有料か故障中ではないか、タオルやシャンプーの貸出しはあるのか聞いておくと良いと思います。

フードメニューがあるか

フードメニューがなかったら持参する必要があるのでこちらも確認は必要です。

最近のネカフェ(ネットカフェ)はバラエティ豊かなフードメニューが多いので、何があるのか調べておくと楽しみが増えるかもしれません。

ネカフェ(ネットカフェ)に一泊するときに女性が注意すべき点

ネカフェ(ネットカフェ)に一泊するときに女性が注意すべき点はどんな点でしょうか。

世間では未だにネカフェ(ネットカフェ)に女性が一泊するのは危険というイメージがあるようです。

お金に余裕があるならホテルに一泊するのが望ましいのですが、漫画を読みたい、ネットを使いたいなどの理由がある方もいますよね。

最近では「女性専用フロア」「鍵付き個室」があるネカフェ(ネットカフェ)もあるので、可能な限りそういったネカフェ(ネットカフェ)の利用をおすすめします。

ネカフェ(ネットカフェ)に一泊するときに必要な持ち物

ネカフェ(ネットカフェ)に一泊するときに必要な持ち物を紹介します。

そもそもネカフェ(ネットカフェ)は宿泊施設ではないので寝る為の設備はほぼありません。

なのでちゃんと眠りたい方は以下の物を用意するのがおすすめです。

  • 耳栓
  • 寝やすい服
  • アイマスク
  • 毛布
  • マスク

店内が明るい、人の話し声が聞こえてしまう、冷暖房が効きすぎて喉を痛めるなどの対策になります。

服以外は100均などで揃えられるので用意してみて下さい。

ネカフェ(ネットカフェ)の一泊についてのまとめ

ネカフェの一泊料金は安くておすすめなのか、女性や高校生も宿泊可能か調べてみました。

最近のネカフェ(ネットカフェ)はフードメニューやサービスが充実しているので一泊したいという方も多いようです。

残念ながら高校生がネカフェ(ネットカフェ)で一泊する事は条例で禁止されているので卒業まで待ちましょう。

女性専用フロアや鍵付き個室もあるので、女性でも安心してネカフェ(ネットカフェ)を利用できると思います。

気軽に行けるので機会があったら一泊じゃなくても、ネカフェ(ネットカフェ)を利用してみるのもいいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました