PR

ネカフェにカメラはある?快活クラブの完全個室はカップル向けか調査

ネカフェにカメラはある?快活クラブの完全個室はカップル向けか調査の画像 旅行

ネカフェには防犯カメラがどこに設置されているか、気になっている人もいると思います。

カップルで楽しく過ごすつもりが、カメラが気になってリラックスできなかったという人もいるのではないでしょうか。

ここでは、ネカフェのどんな場所にカメラが設置されているのか、逆に設置されていないのはどこなのかを調べていきます。

また、快活クラブの完全個室はカップルに人気です。

快活クラブの完全個室が、本当にカップル向きなのかどうかも気になりますね。

さらに、お店側がカメラを設置する理由や、設置がない場合の注意点も考えていきます。

ネカフェをより安心して使いたい人も、目を通してくださいね。

スポンサーリンク

ネカフェ(ネットカフェ)にカメラはある?

多くの人が出入りするネカフェには、防犯カメラが設置されていることが一般的です。

とはいえ、すべての部分で設置されているわけではありません。

ここでは、ネカフェのどのような部分にカメラが設置されているのか、逆に設置していないのはどんなところなのかを調べていきます。

鍵付き個室

ネカフェでも、鍵室個室ではカメラの設置がされていないことが多いといわれています。

プライバシーを重視したい人も、これなら安心できるのではないでしょうか。

ただ、ネカフェは宿泊施設ではありません。

ネカフェは複合カフェに分類されています。

複合カフェの場合は、防犯目的でカメラを設置することは珍しくありません。

個室でもカメラが設置されている可能性があることは知っておきたいところです。

ブース

個室だけではなく、半個室のブースにも設置していないことが多いといわれています。

それゆえ、ブースの場合もリラックスして過ごせるといえます。

ただ、廊下にはカメラが設置されていることが多く、廊下に近いブースの場合は、そのカメラに撮影される可能性もないとはいえません。

どうしても気になる場合は、席を移動するなどの対策も考えてみましょう。

オープンスペース

カフェ席などのオープンスペースでは、広角ドーム型のカメラが設置されていることが多くなっています。

天井に設置されていることが多いので、気になる場合は天井付近をチェックしてみましょう。

オープンなスペースなので、カメラがなくても他のお客さんやスタッフの目につきやすいことは理解しておきたいところです。

遊戯スペース

遊戯スペースでも、カラオケのような個室ではカメラを設置していることは少ないといわれています。

カラオケ室では、撮影を目的としたカメラが用意されているところもありますが、防犯カメラとは性質が違います。

ビリヤードやダーツなどの遊戯スペースでは、オープンスペースと同じように、広角ドーム型防犯カメラを設置しているところもあります。

こちらも気になる場合は、天井を確認してみると良いでしょう。

共有スペース

廊下やレジ付近の共有スペースでは、防犯の面からもカメラが設置されていることがほとんどです。

多くの人が利用するドリンクバー雑誌・漫画コーナーなどにも設置されていることが多くなっています。

エレベーター内や階段については、お店によって対応が違います。

共有部分でも、プライバシーを重視するトイレやシャワー室には基本的にカメラは設置しません。

スポンサーリンク

ネカフェ(ネットカフェ)がカメラを設置する理由

ネカフェがカメラを設置する理由は、防犯性を高めることです。

まず、ネカフェには多くの漫画や雑誌が置いてあります。

それを気づかないうちに持ち去られてしまうケースも多いといわれています。

カメラがあるだけでも、犯罪抑制効果があるので盗難対策には多いに役立ちます。

さらに店の商品や備品を破損させられるリスクもありますが、カメラがあれば証拠動画を残すことができます。

時には利用者間でトラブルが発生したり、迷惑客が来たりすることもあります。

この場合も、映像を残しておけるカメラは問題解決やトラブル防止に多いに役立ちます。

それから、従業員の仕事ぶりを確認したり、業務効率を改善したりする意味でもカメラは役立てられています。

カメラには遠隔操作ができるものもあり、こうしたタイプなら複数店舗の管理も行えます。

スポンサーリンク

ネカフェ(ネットカフェ)はカメラのない快活クラブがおすすめ!

ネカフェでリラックスして過ごすなら、カメラがない快活クラブをおすすめします。

鍵室個室なら、他の利用者やスタッフの目を気にすることなく、ゆっくり過ごせますね。

個室を利用するとなると、料金も気になるところです。

ここでは、快活クラブの鍵室個室の種類や、利用料金を紹介していきます。

快活クラブの鍵付き個室料金

快活クラブの鍵付き個室料金は選ぶルームによっても違います。

さらに、店舗によっても利用料金は違いますし、使用する時間によっても料金は変わってきます。

平日に利用するか。土日祝日に利用するかによっても、使用料は違ってきます。

例えば、新宿東口店の場合は、平日なら鍵付き個室の基本料金(最初の30分)は470円で、以降は10分ごとに150円が加算されます。

3時間パックなら1680円、6時間パック2700円、9時間パックなら4130円です。

長く過ごすなら、パック料金のほうがお得ですね。

料金は、各店舗の料金表で確認しておきましょう。

予約をする前は、それぞれの部屋特徴も確認しておきたいところです。

レギュラールーム

レギュラールームは1~2名で利用可能です。

チェア」は、背もたれが180度倒れる多段階のリクライニングチェアが用意されています。

仕事や勉強に利用したい人におすすめです。

マット」は、靴を脱いで足を伸ばせるマットが用意されています。

動画鑑賞など、リラックス目的で利用したい場合に向いているお部屋です。

VIPルーム

VIPルームは広さがレギュラールームの約2倍です。

2~4名が利用できる部屋で、足を伸ばせるマットも用意されています。

DVD鑑賞やおしゃべり目的などの場合は、こちらのほうがリラックスできるのではないでしょうか。

快活クラブのカップルシートにカメラはある?

快活クラブのカップルシートは、ブースになるので基本的にカメラは設置されていません。

ただ、廊下にはカメラが設置されているので、場所によってはカメラのアングルに入ることもあります。

天井もオープンで、衝立で仕切られているだけなので、大きな声で話していると声が漏れてしまうことになります。

プライバシーを重視するなら、カップルシートよりも完全個室を選ぶことをおすすめします。

快活クラブのファミリールームにカメラはある?

快活クラブのファミリールームは個室なので、カメラはついていないと考えられます。

ファミリールームは家族や、友人同士で気軽に使えるお部屋です。

席の形状はフラットとシートが用意されており、店舗によって違いがあります。

利用したい店舗では、どのような席になっているのかを確認しておくと良いでしょう。

ネカフェ(ネットカフェ)にカメラがない場合の注意点

カメラのないネカフェの利用には注意点があります。

ネカフェでカメラがないと、リラックスして過ごすことができます。

とはいえ、カメラの設置にはそれなりの意味があります。

ここでは、起こり得るトラブルについて考えていきます。

犯罪に巻き込まれる可能性がある

ネカフェにカメラがない場合、犯罪に巻き込まれる可能性があることは理解しておきましょう。

ネカフェでは、不特定多数の人が利用しています。

その中には犯罪目的で忍び込んでいる人もいるかもしれません。

カメラがあれば、犯罪者の姿や犯行の瞬間を録画できるので、犯罪を抑制する効果も期待できます。

防犯対策が万全なお店に比べると、カメラが少ないセキュリティの甘い店は狙われやすいといえるでしょう。

盗難被害に遭う可能性がある

カメラを設置していないネカフェでは、盗難被害に遭う可能性があります。

少し席を離れたすきに、荷物や財布が盗まれてしまう可能性もあります

カメラがないと、誰がいつ盗んだのかを確認することは難しくなります。

ドリンクバーやトイレに行くときも、荷物の管理はしっかり行うことが大切です。

マナーが悪いと出入り禁止になる可能性がある

カメラがないからと、マナー違反を繰り返していたり、他の利用者とトラブルを起こしたりしてしまうと、出入り禁止になる可能性があります。

カメラがあると監視されているという気持ちが芽生えますし、録画される可能性もあるので、常識のない行動をする人も少なくなります。

カメラがない個室であっても、非常識な行動は避けるよう心掛けましょう。

ネカフェ(ネットカフェ)のカメラについてのまとめ

ここでは、ネカフェに設置されているカメラについて書いてきました。

ネカフェでは、レジ付近などの共有部分にはカメラが設置されていることがほとんどです。

プライバシーを重視する個室やトイレなどには基本的に設置されていません。

快活クラブの完全個室はカメラがないので、カップルでリラックスしたいときにもおすすめです。

カメラは犯罪抑制やトラブル防止にとても役立つ存在です。

カメラがないと盗難などの被害に遭う可能性があることは理解しておきましょう。

カメラがない場所でも、非常識な行動や迷惑行為をすると出入り禁止になる可能性もあります。

楽しく過ごすためにも、マナーはきちんと守りたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました