PR

楽天トラベルでキャンセル料を払わないとどうなる?免除の事例も紹介

楽天トラベルで キャンセル料を払わないとどうなる? 免除の事例も紹介の画像 旅行

楽天トラベルでキャンセル料を払わないとどうなるのでしょうか?

キャンセル料は宿泊日の何日か前になると発生する施設がほとんどですが、払わないと具体的にどんなリスクが生じるのか心配な方は事前に知って適切に対処したいですよね。

今回の記事は以下のようなお悩みやニーズをお持ちの方におすすめです。

  • 楽天トラベルでキャンセル料を払わないとどうなるの?
  • 楽天トラベルでキャンセル料を払わないといけないのはいつから?
  • キャンセル料を免除する方法はある?
  • 楽天トラベルのキャンセル料を払わないと生じるリスクを知って適切に対処したい。

それでは早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

楽天トラベルのキャンセル料を払わないといけないのはいつから?

楽天トラベルのキャンセル料を払わないといけないのは、いつからなのでしょうか。

調査をしたところキャンセル料が発生する時期は、以下のサービスごとに違いがあります。

  • 宿泊施設
  • 国内ツアー
  • レンタカー
  • 高速バス

それぞれのサービスのキャンセル料が発生する時期について詳しく解説していきますね。

宿泊施設

楽天トラベルで宿泊施設を予約した場合は、宿泊する施設によってキャンセル料が発生する時期は異なります。

それぞれの宿泊施設でキャンセルポリシーを独自に設定しているからですね。

宿泊施設は楽天トラベルに掲載するにあたって、以下のような3つのキャンセルポリシーを設定しています。

基本キャンセルポリシー 宿泊施設が必ず設定しなければならないキャンセルポリシー
楽パックを除くすべての予約に適用される
日毎キャンセルポリシー 任意で宿泊施設が日毎に設定できるキャンセルポリシー
設定した日だけに適用される
プラン毎キャンセルポリシー 任意で宿泊施設がプラン毎に設定できるキャンセルポリシー
設定したプランだけに適用される
インバウンド・R-with・パッケージは対応外

このキャンセルポリシーが複数設定されている場合は「プラン毎キャンセルポリシー>日毎キャンセルポリシー>基本キャンセルポリシー」の順で優先して適用されるようです。

なのでその都度、宿泊予約をした施設のキャンセルポリシーを確認したほうがよさそうですね。

このように楽天トラベルで宿泊施設を予約した場合は、宿泊施設が設定したキャンセルポリシーによってキャンセル料が発生する時期が異なるので事前にチェックする必要があります。

国内ツアー

楽天トラベルで国内ツアーを予約した場合は、国内ツアーの種類によってキャンセル料が発生する時期は異なります。

楽天トラベルの国内ツアーは、ANA楽パックとJAL楽パックの2種類ありそれぞれで異なるキャンセルポリシーが定められているからです。

なのでどちらのツアーも同じ時期からキャンセル料が発生するということではなさそうです。

国内ツアーのキャンセル料が発生する時期を知りたい場合は、自分が利用する国内ツアーのキャンセルポリシーを確認するとよいですね。

国内ツアー(ANA楽パック、JAL楽パック)のキャンセルポリシー確認手順は以下の通りです。

  1. 楽天トラベル公式サイトへアクセスする
  2. サイト上部にある「ヘルプ」をクリック
  3. よくある質問の項目から「ANA楽パック」または「JAL楽パック」を選択する
  4. 「変更•キャンセル•リクエスト」の項目を選択する
  5. 「予約をキャンセルするにはどうすればよいですか?」を選択する
  6. 取り消し料金を確認する

このように国内ツアーの種類によってキャンセル料が発生する時期は異なるので、自分が利用するツアーのキャンセルポリシーを確認するようにしましょう。

レンタカー

楽天トラベルでレンタカーを予約した場合は、利用するレンタカー会社によってキャンセル料が発生する時期は異なります。

楽天トラベルでレンタカーを予約した場合は、レンタカー会社側のキャンセルポリシーに従うことになっているからですね。

例えば楽天トラベルで予約できる、日産レンタカーのキャンセルポリシーは以下の通りでした。

利用日の7日以前 無料
利用日の6〜3日前 基本料金の20%
利用日の2日前および当日 基本料金の30%
利用日当日以降 基本料金の50%

なお取り消し手数料は6,600円(税込)となっていました。

このように楽天トラベルでレンタカーを予約した場合は、利用するレンタカー会社で決められたキャンセルポリシーに従ってキャンセル料が発生します。

高速バス

楽天トラベルで高速バスを予約した場合は、利用するバス会社によってキャンセル料が発生する時期は異なります。

バス会社それぞれに異なるキャンセルポリシーが設定されているからです。

例えば楽天トラベルで予約できる西日本JRバス(株)とJRバス関東(株)を、大阪•京都〜東京往復で利用した場合は以下のタイミングでキャンセル料が発生します。

決済が完了した後〜2日前 650円
前日または当日 20%
出発後乗車しなかった場合 100%

利用するバス会社にもよりますが余裕を持って、利用する日の10日ほど前からキャンセルポリシーを確認しておいた方がよさそうです。

このように利用するバス会社によってキャンセル料が発生する時期は異なるので、自分が予約したバス会社のキャンセルポリシーを事前に確認しておきましょう。

スポンサーリンク

楽天トラベルでキャンセル料を払わないとどうなる?

楽天トラベルでキャンセル料を払わないとどうなるのでしょうか。

調査をしたところ以下のようなリスクの可能性が考えられます。

  • ブラックリストに載る
  • 損害賠償請求される

ひとつずつ解説していきますね。

ブラックリストに載る

楽天トラベルでキャンセル料を払わないと、ブラックリストに載るに近い影響が出る場合も考えられます。

調べたところ、楽天トラベルでキャンセル料を払わないとブラックリストに載るという情報はありませんでした。

しかし約束されたキャンセル料を払わないと、楽天トラベル側の判断によっては利用停止や会員資格の取り消しをされる可能性はありました。

楽天トラベルの利用規約で、キャンセル料の支払いなどの債務を履行しない行為は禁止と定められているからですね。

利用停止や会員資格の取り消しともなると、ブラックリストに載るに近い影響だとも捉えることができます。

このように楽天トラベルでキャンセル料を払わないと、ブラックリストに載るに近い影響が出る場合も考えられるので速やかにお支払いを済ませた方がよさそうです。

損害賠償請求される

楽天トラベルでキャンセル料を払わないと、場合によっては損害賠償請求をされる可能性も考えられます。

キャンセル料が支払われなかったことで宿泊施設に損害が生じた場合、訴訟などにつながる可能性もゼロではないからです。

キャンセル料は、宿泊施設が正しく営業をしていくために必要な費用でもあります。

そこでキャンセル料が支払われないと、宿泊施設側の営業に支障をきたしてしまう可能性もあります。

このように楽天トラベルでキャンセル料を払わないと、場合によっては損害賠償請求をされる可能性もゼロではないので注意しましょう。

スポンサーリンク

楽天トラベルでキャンセル料を払わないで済むかは規約を確認

楽天トラベルでキャンセル料を払わないで済むかは、規約を確認しましょう。

楽天トラベルで掲載されているホテルや宿などは、それぞれキャンセルポリシーを設定しているからですね。

例えば以前予約したホテルは1週間前までキャンセル無料となっていても、今回予約したホテルも同じように無料になるとは限りません。

どのホテルも同一のキャンセルポリシーではないので、キャンセル料を払わないで済むかは宿泊するホテルの規約を確認しておく必要がありますね。

楽天トラベルでキャンセル料を払わないで済んだ例

楽天トラベルでキャンセル料を払わないで済んだ例は、以下の通り3つありました。

  • 感染症
  • 天災
  • 間違えて予約

ひとつずつ解説をしていきます。

感染症

コロナウィルス感染症の影響で楽天トラベルのキャンセル料を払わないで済んだ例もあります。

楽天トラベル側のコロナウィルス感染症に関しての対応は、原則規定通りでしたがキャンセル料が発生するかについては各施設側の判断に委ねられていたからですね。

なので実際にコロナウィルス感染症の影響で、ホテルのキャンセル料を払わずに済んだ方もいました。

コロナウィルス感染症は世界的パンデミックにもなっていたので、状況を鑑みてキャンセル料がかからない方向で進めていた宿泊施設もあったようです。

天災

天災の影響で楽天トラベルのキャンセル料を払わないで済んだ例もあります。

楽天トラベル側の天災に関しての対応は原則キャンセルポリシー通りだったので、コロナウィルス感染症の対応と同様に施設側の判断でキャンセル料の有無が決まります。

以下の投稿のように連絡期限を設けて、キャンセルを無料にしていた民宿もありました。

宿泊施設側にとっては苦渋の決断だったかと思いますが、こうして旅行者の身を案じた対応をしてくれる施設だと天災が落ち着いた後絶対泊まりに行こうと思えますよね。

このように実際に天災の影響をうけて、楽天トラベルのキャンセル料を払わないで済んだ例もありました。

間違えて予約

間違えて予約した場合も楽天トラベルのキャンセル料を払わないで済んだ例もあります。

キャンセル料の有無は基本的に宿泊施設側のキャンセルポリシーにもよりますが、間違えて予約した場合もキャンセル料を払わずに済む場合もあるようです。

以下の投稿者の方はキャンセル料を覚悟で宿泊施設に間違い予約だと伝えたところ、キャンセル料を払わずに済んだようです。

こちらの投稿者の方はホテル側のご厚意でキャンセル料が無料になったようなので、間違って予約したら必ずキャンセル料が無料になるわけではありません。

しかし宿泊施設のキャンセルポリシーでキャンセル料が発生する期間だったとしても、一度宿泊施設側に事情を伝えてみるのも良いかもしれません。

楽天トラベルのキャンセル料はどうやって払う?

楽天トラベルのキャンセル料は、以下のような決済の種類によって支払い方法が異なります。

  • 現地決済
  • カード決済

詳しく解説していきますね。

現地決済

楽天トラベルで現地決済を希望していた場合は、施設から送られてくる請求書やメールの内容に従ってお支払いすることになります。

カード決済ではない分、施設側でキャンセル料を引き落とすことができないからですね。

請求書やメールは楽天トラベルに登録された住所やメールアドレス宛に届きますよ。

なので現地決済を希望していた方は、後ほど送られてくる請求書やメールの内容に記載された方法でお支払い手続きを行いましょう。

カード決済

楽天トラベルでカード決済を希望していた場合は、すでにカードで決済された料金からキャンセル料が支払われます。

カード決済の場合は、事前に料金が支払われているからですね。

例えば100%のキャンセル料がかかる場合は、事前に支払った料金がそのままキャンセル料にあてがわれます。

しかし50%のキャンセル料がかかる場合は、残り半分の金額はカードに返金される仕組みになっています。

なのでカード決済は場合によって、返金されることもあるので確認しておきましょう。

楽天トラベルでホテルキャンセル料の請求がこない場合の対処法

楽天トラベルでホテルキャンセル料の請求が来ない場合は、以下の対処法を試してみましょう。

  • 宿泊施設のキャンセルポリシーを確認する。
  • 宿泊施設に連絡をいれる。

宿泊施設をキャンセルしたからといって、すべてキャンセル料が発生するわけではありません。

なので宿泊施設のキャンセルポリシーを一度確認してみましょう。

またキャンセル料が発生するのに請求が来ない場合は、宿泊施設に連絡を入れてみることをお勧めします。

楽天トラベルでキャンセルした場合の返金日

楽天トラベルでキャンセルした場合の返金日は、以下の通り決済方法の種類によって異なります。

  • カード決済
  • 楽天ポイント払い
  • コンビニ払い

詳しく解説していきます。

カード決済

楽天トラベルでカード決済を利用した場合の返金日は宿泊料金の引き落としがあった月の翌月以降に返金されます。

なお具体的な返金日については、カード会社によってタイミングが異なるようです。

なのでいつまで経っても返金されないという場合には、利用しているカード会社にも確認を入れるようにしましょう。

楽天ポイント払い

楽天トラベルでポイントを利用してお支払いした場合の返金日は、キャンセル後即時または翌営業日中に楽天ポイントにて返還をされます。

なおキャンセル料が発生している場合には、利用したポイントが優先的にあてがわれます。

また期間限定ポイントなどの利用期限がすでに過ぎているポイントの場合は、返還後即時に失効されるので注意しましょう。

コンビニ支払い

楽天トラベルで宿泊料金をコンビニ払いした場合の返金日は、返金に指定する銀行口座を登録してからおおよそ7〜10営業日で返金されるようです。

コンビニ払いを選択した方にはキャンセル後、銀行口座登録の案内がメールで送られてきます。

その指示に従って銀行口座を登録しましょう。

キャンセル料金と銀行口座の手数料が差し引かれた金額を後日返金してくれます。

楽天トラベルでキャンセル料を払わないについてのまとめ

今回は楽天トラベルでキャンセル料を払わないとどうなる?免除の事例も紹介しました。

楽天トラベルでキャンセル料を支払わないと、ブラックリストに近い影響を受けたり損害賠償請求に繋がったりするリスクも考えられます。

なのでキャンセル料が発生した場合は速やかにお支払いすることをお勧めします。

また感染症や天災、間違い予約などの場合はキャンセル料が免除される場合もあるので施設に確認してみましょう。

agoda検索
旅行
スポンサーリンク
buckyblog1442をフォローする
BuckyBlog〜ぶきブロ

コメント

タイトルとURLをコピーしました