PR

スイス旅行はつまらない?おすすめのモデルコースや費用などを紹介!

スイス旅行はつまらない?おすすめのモデルコースや費用などを紹介の画像 旅行

スイス旅行に参加した人からは、つまらないという意見を聞くことがあります。

スイスは治安が良く、大自然の美しさが楽しめる国として人気があります。

なぜ、人気の高いスイス旅行がつまらないのか、その理由が気になりますね。

今回は、スイス旅行がつまらないと言われる理由を解説していきます。

さらに、スイス旅行のおすすめポイントや、おすすめの観光スポットを紹介しています。

スイス旅行を予定している方は、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

スイス旅行がつまらないと言われる理由

スイス旅行がつまらないのには、以下のような理由があげられます。

  • 日本から遠い
  • 物価が高い
  • 交通の制約が多い
  • 言葉の壁がある
  • 天気が急変しやすい
  • 観光地が混雑している

まずスイス旅行がつまらない理由では、日本との距離があげられます。

飛行時間は12~13時間と、移動にかなり時間がかかるので、退屈に感じるかもしれません。

またスイスは物価が高いので、買い物やグルメを十分に楽しめないことも考えられます。

山岳地帯などは、交通の制限があり、山に囲まれた地域は、天気が急変することも珍しくありません。

天候によっては、観光やアクテビティが制限される可能性があります。

それから、スイスは、ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語の4つの公用語があり、英語が通じない地域があります。

十分なコミュニケーションを取れないことで、ストレスを感じてしまうかもしれません。

スイスは、人気観光地ということもあり、世界中から多くの人が訪れています。

時期によっては、観光地が混雑しているので、ゆっくりと観光を楽しめない可能性もあります。

スポンサーリンク

スイス旅行はつまらないと言われるけどおすすめポイントがある

つまらないと言われながらも、スイスには様々な魅力があります。

ここでは、スイス旅行のおすすめポイントを紹介します。

おすすめポイントは、以下の通りです。

  1. 自然や水がきれい
  2. 治安がいい
  3. 登山やハイキングができる
  4. 食べ物がおいしい
  5. トイレがきれい

では、スイスの魅力をひとつずつ見ていきましょう。

自然や水がきれい

スイスの魅力は、なんといっても大自然の美しさです。

国の大半が山岳地帯ということから、アルプス山脈、湖沼地帯などの壮大な風景が楽しめます。

さらに、水が透き通っていて美しく、清潔で水道水でも飲めると言われています。

海外では、水で苦労することが多いので、安心して飲める水があるのは嬉しいですね、

治安がいい

日本とは違い、海外は治安が良くない国が多く存在します。

その点、スイスは治安が良く、犯罪率が低いとされています。

とはいえ、日本と同等とまではいえません。

スイスは外国人が多いこともあり、スリや置き引きの被害に遭う可能性があります。

治安が良いからと油断せず、荷物や貴重品の管理はしっかり行いましょう。

登山やハイキングができる

スイスの魅力では、登山やハイキングが楽しめることがあげられます。

ハイキングコースは整備されており、電車が各ポイントごとに停車しますので、途中まで歩いて、帰りは電車に乗るなど無理のない方法が選べます。

普段、ハイキングや登山に参加しないという人も、気軽にスイスの山々を楽しめるようになっています。

食べ物がおいしい

スイスは食べ物がおいしいことが魅力です。

海外では、食事が合わずに苦労することも少なくありません。

特にチーズは美味しく、日本人にも人気が高いチーズフォンデュが評判です。

乳製品はもちろん、ハムやソーセージなどの加工肉、ジャガイモ料理なども美味しいと評判です。

アイスクリームやチョコレートなどのスイーツも充実していますので、デザートも楽しめそうですね。

トイレがきれい

スイスはトイレがきれいで、安心して利用できるといわれています。

日本では、トイレが清潔なのは当たり前ですが、海外ではトイレが不潔であることは珍しくありません。

トイレが快適に使えないことは、旅行中の大きなストレスになってしまいます。

その点、スイスはトイレがきれいなので、長期の滞在でも安心できるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

スイス旅行はつまらないと言われるけどおすすめの観光地もある

ここでは、スイスのおすすめの観光スポットを紹介していきます。

スイス旅行のおすすめの観光地は以下の通りです。

  1. マイエンフェルト
  2. グリンデルワルト
  3. ツェルマット
  4. 氷河特急
  5. ベルン

それでは、人気の観光地の魅力をひとつずつ紹介していきます。

マイエンフェルト

マイエンフェルトは、スイス東部のグラウビュンデン州にある小さな村です。

ワインの産地としても知られており、美しいブドウ畑を眺めることができます。

アニメ「アルプスの少女ハイジ」の舞台を再現した「ハイジ村」があり、ここでは、おじいさんとハイジが過ごした家の再現も行われています。

アニメで観た、憧れのスイスの風景を実際に楽しめるのは嬉しいですね。

グリンデルワルト

グリンデルワルトは、ベルンアルプスにある村で、夏はハイキング、冬はスキーが楽しめます。

名峰アイガーの北壁がすぐ眼前に迫る風景は、まさに圧巻です。

小さな村でありながらも、年間多くの観光客が訪れるスイスの人気観光地です。

村の周辺では、ホテルやレストランの数も多く、日本語観光案内所があるのも安心感があります。

ツェルマット

マッターホルンの麓にあるツェルマットは、スイスでも名高い観光地のひとつで、多くの観光客で賑わっています。

夏は登山やハイキング、冬場はスキーなどのウィンタースポーツが楽しめます。

ツェルマットは、環境への配慮が徹底されており、ガソリン車での乗り入れが禁止されています。

移動には、電気自動車や馬車が使われています。

氷河特急

氷河特急は、ツェルマットとサン・モリッツを結ぶ人気の観光列車です。

大パノラマの車両で、アルプスの絶景を眺めながら約8時間かけて移動します。

乗車中は食事ができますので、美しいスイスの景色を眺めながら、のんびりと食事を楽しみましょう。

ベルン

ベルンはスイスの首都で、U字型に湾曲して流れるアーレ川に囲まれています。

1405年の大火後に再建された旧市街の石造りの町並み全体が、世界遺産に登録されており、中世の面影を残しています。

古い街並みを楽しめる一方で、首都ということから、近代都市としての魅力も兼ね備えています。

ベルンは、比較的英語が通じやすく、コミュニケーションが取りやすいのも良いところです。

美術館や博物館が充実しており、様々な絵画や彫刻などを鑑賞できます。

スイス旅行をつまらないと感じないためのモデルコース

せっかく行くなら、つまらないと感じることなく、スイスの魅力を満喫したいですよね。

ここでは、スイス旅行初心者向け・5泊7日モデルコースを紹介します。

スイスの主要な観光地を効率的に回れるよう、以下のようなモデルコースをおすすめします。

1日目: ジュネーブ
ジュネーブ旧市街: 中世の雰囲気が残る美しい旧市街を散策
ジュネーブ湖: 湖畔の景色を楽しむ
国連欧州本部: 国際機関の施設を見学

2日目: ツェルマット
マッターホルン: 世界三大名峰の一つを間近で見学
ゴルナーグラート: 標高3,089mの展望台からアルプスの絶景を堪能

3日目: ベルン
ベルン旧市街: ユネスコ世界遺産に登録された美しい旧市街を散策
時計塔: 有名な時計塔を見学

4日目: ルツェルン
ルツェルン旧市街: 中世の雰囲気が残る旧市街を散策
カペル橋: 有名な木造の歴史的な橋を渡る

5日目: インターラーケン
ユングフラウ地方: ユングフラウ、アイガー、メンヒなどの雄大な山々を楽しむ
アレッチ氷河: 世界遺産の大氷河を見学

6日目: チューリッヒ
チューリッヒ旧市街: 歴史的な建物が立ち並ぶ旧市街を散策
リンデンホフ広場: 有名な教会や噴水のある広場を訪れる

7日目: 自由行動
いよいよ最終日です。

前日までの観光で足りない部分を自由に回ってみましょう。

スムーズに帰国できるよう、時間に余裕を持って空港に移動してくださいね。

スイス旅行についてよくある質問

ここでは、スイス旅行に関してよく寄せられる質問について回答していきます。

特に多い質問は以下の4つです。

  1. 物価がやばいって本当?
  2. 費用はどれくらいかかる?
  3. 何泊必要?
  4. 一番いい時期は?

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

物価がやばいって本当?

スイスの物価は、日本よりも高く、宿泊費や食事が高くつく傾向にあります。

スイスの物価が高い理由は、平均賃金が高く、高収入の人の割合が多いことがあげられます。

滞在中の費用が他の国に比べて高くなりますので、予算の計画はしっかり立てておきましょう。

費用はどれくらいかかる?

スイス旅行の費用は、40~50万円程度で考えておきたいところです。

まず、往復の航空券に20~30万円程度が発生します。

さらに、ホテル代は、スタンダードなホテルで1泊2万円前後です。

5泊の場合は、ホテル代で10万円程度かかります。

航空券と宿泊費だけでも30~40万円程度の出費です。

さらに、食費やお土産などの購入費用、移動時に発生する交通費、アクティビティの費用、海外旅行保険・通信費などの出費があります。

より安くスイス旅行を楽しむなら、あえてオフシーズンを選ぶ、移動時には交通費が安い公共交通機関を利用するなどの工夫も考えてみましょう。

何泊必要?

スイス旅行を満喫するなら、4泊から5泊以上がおすすめです。

スイス観光は列車がメインになるので、移動には長い時間がかかります。

人気の観光地には、長距離移動になることが多いので、余裕のある日数を選びましょう。

一番いい時期は?

スイス旅行の一番いい時期では、6月~8月の夏場があげられます。

夏は天気が安定しており、雄大なアルプスの自然や牧草地での牛やヤギの放牧が楽しめます。

ただ、夏場は観光客が殺到するので、費用が高くなりがちですし、混雑が予想されます。

ゆっくりとスイス旅行を楽しむなら、気候が安定していて混雑が少ない春や秋がおすすめです。

寒い時期は、閑散期に入りますが、スキーやスノーボードなどのウィンタースポーツが楽しめます。

訪れる目的によって、ベストシーズンは変わってきます。

それぞれの目的に応じて、ベストなシーズンを選んでくださいね。

スイス旅行はつまらないのかについてのまとめ

今回は、スイス旅行がつまらないといわれる理由を調べてみました。

自然が美しく、治安が良いことで人気の高いスイスですが、物価の高さや言葉の壁、交通の制約などがネックとなる場合があります。

スイス旅行では満足を感じている人も多く、食べ物のおいしさや自然の美しさ、トイレがきれいであることなどは高く評価されています。

物価の高いスイス旅行は、他の国よりも費用が高くつく傾向がありますので、予算の計画はしっかり立ててくださいね。

スイスでは、観光地への移動に時間がかかりますので、効率良く人気スポットをまわれるよう、プランを考えておくことをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました