PR

トリバゴは手数料が収入源!ビジネスモデルと利益を出す仕組みを公開

トリバゴは手数料が収入源ビジネスモデルと利益を出す仕組みを公開の画像 旅行

トリバゴとは名前だけではどんな会社なのか分かりませんよね。

旅行や出張などで宿泊先などを探す際に、トリバゴを使って最安値のホテルを探す事が出来ます。

そんなトリバゴですが、使用する際に手数料がかかるのか気になる方が多いようです。

この記事ではトリバゴは手数料が収入源!ビジネスモデルと利益を出す仕組みを公開という内容を書いていきます。

スポンサーリンク

トリバゴは手数料で儲けが出るビジネスモデル

トリバゴは手数料で儲けが出るビジネスモデルです。

まずビジネスモデルとは商品やサービスなどの付加価値を提供し、それによって得る収益の獲得の仕組みを言います。

要するにトリバゴを使ってホテルを探し、宿泊する人が多ければ多いほどトリバゴは儲けが出るという事になります。

スポンサーリンク

トリバゴが手数料で利益を得る仕組み

トリバゴが手数料で利益を得る仕組みを調べてみました。

トリバゴは宿泊先と提携する事でお金を得ています。

要するに宿泊先の詳細を紹介して、契約が成立したら8~13%前後の手数料を貰えるという事です。

ホテルや旅館は8~13%前後の手数料を払ってでも、トリバゴで宣伝をしてもらう方が助かるでしょう。

トリバゴは有名なので利用者も多いため、きちんと宿泊先を紹介すれば契約が成立する可能性が上がり利益が得られます。

これによりトリバゴに掲載する加盟店を増やしていけば、次第に収益も大きくなるという事です。

スポンサーリンク

トリバゴの手数料以外の収入源

トリバゴの手数料以外の収入源は何があるのでしょうか。

先ほど宿泊先と提携する事でお金を得ると紹介しました。

そこで他にも収入があるのか調べていきます。

広告費

トリバゴの手数料以外の収入源は広告費です。

広告を有名なサイトに掲載する場合、普通のサイトに掲載するよりもお金がかかるとされています。

アクセス数が多いサイトの方が広告としての効果が高いので、宿泊先は有名なトリバゴのHPに広告を載せたいと考えるのです。

広告を載せる宿泊先が多ければある程度の広告費が生まれ、運営が成り立つという仕組みになっています。

トリバゴが安い理由はビジネスモデルにあった

トリバゴが安い理由はビジネスモデルにありました。

  • ホテルが予約サイトに詳細やプランを掲載する
  • 各予約サイトに掲載したプランをトリバゴに掲載
  • ユーザーがトリバゴで最安値の宿泊先を検索する
  • トリバゴから各サイトに移動して予約する

上記のとおり利用者の流れでトリバゴの収益は、ホテルから支払われる紹介手数料とサイトの広告の広告費になります。

トリバゴがなかった頃は予約サイトによってプランの詳細が違うので、自分で様々なサイトを行ったり来たりして探さなくてはいけませんでした。

しかしトリバゴが一斉に最安値を簡単に探せるようにした事で、利用者を増やしたのでトリバゴは安いと考えても良さそうです。

トリバゴの手数料についてのまとめ

今回はトリバゴは手数料が収入源!ビジネスモデルと利益を出す仕組みを公開という内容を紹介しました。

トリバゴはビジネスモデルという形を取る事で、宿泊先から手数料を得るというやり方を取っています。

サイトを便利にする事で利用者が多くなって契約が増えれば、トリバゴは手数料が入るという仕組みです。

他に広告費もあるのでトリバゴは比較サイトとして成り立っているという事になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました