PR

Expediaで名前が逆になる問題を徹底解説!原因や対処法も紹介

Expediaで名前が逆になる問題を徹底解説!原因や対処法も紹介の画像 未分類

Expediaで旅行の予約をした際、名前が逆になるという問題が起きることがあるようです。

名前が逆になることで、旅行の計画が変更になったら困りますよね。

この記事では、Expediaで旅行を予約した際に名前が逆になる問題を徹底解説していきます。

この記事を読むと、名前が逆になってしまった場合、どんな対処をしたらよいのかが分かります。

また、原因や対処法も紹介するので、トラブルを未然に防ぐことができます。

スポンサーリンク

Expedia(エクスペディア)で名前が逆になる原因

Expediaの予約で名前が逆になる原因は、予約時の手順にある可能性があります

入力に間違いがない場合でも、Expediaのシステム上、名前が逆になってしまうのではと考えられます。

チケットの予約画面で名前の入力プロセスがないため、名前が逆になっていることに気付きにくくなっているのです。

先にアカウントを作成してログイン状態にしてから、予約するようにしましょう。

また、念のため予約情報の入力画面のキャプチャーを撮っておくのがお勧めです。

スポンサーリンク

Expedia(エクスペディア)で名前が逆だった場合の対処法

Expediaで名前が逆になったことが原因で、旅行の内容を変更せざるを得なくなったら困りますよね。

名前が逆だった場合、搭乗できない可能性があります。

ここでは名前が逆だった場合の対処法を解説します。

  • 名前変更を申請する
  • 空港で交渉する

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

名前変更を申請する

航空券に記載された名前の訂正が必要な場合は、Expedia公式ホームページやアプリの『名前の訂正フォーム』から早急に申請しましょう

名前の訂正は、航空会社に直接問い合わせをしても、受け付けてもらえません。

Expediaに直接申請しましょう。

Expediaで情報を確認次第、航空会社と連携して解決策が検討され、48時間以内にExpediaから返答が来ます。

空港で交渉する

空港の受付カウンターで直接交渉することも可能ですが、変更できなかった場合はその航空券はキャンセル不可となります。

コロナの影響で、名前などの情報に、より厳密さが求められるようになり、名前が逆のまま搭乗することが難しくなったからです。

通常であれば、Expediaなどの旅行代理店を通して名前変更をするところ、急遽空港で変更手続きを行い、変更手数料を負担したという事例もありました。

出発直前で名前が逆になっていることに気付いたら、空港で交渉してみましょう。

スポンサーリンク

Expedia(エクスペディア)で名前が逆かどうかの確認方法

航空券予約の名前訂正には、航空会社の変更手数料が発生する場合があります。

Expdiaで予約の名前が逆になってるかどうか、事前に確認することができたら安心ですよね。

ここでは名前が逆になっているかどうか確認する3つの方法を解説します。

  • オンラインチェックイン
  • 航空会社へ問い合わせる
  • カスタマーサービスへ問い合わせる

それでは、細かく見ていきましょう。

オンラインチェックイン

ひとつ目は航空会社の公式ホームページやアプリからオンラインチェックインをして、ログインできるか試してみる方法です。

該当する予約はないというエラー画面が出てログインできない場合は、名前が逆になっている可能性があります。

ログインできなかった場合、試しに名前を逆に入力したらログインできたというケースもありました。

ログインできない際は、一度名前を逆に入力して、ログインできるか試してみましょう。

航空会社へ問い合わせる

格安航空会社(LCC)の航空券予約を変更する場合は、航空会社へ直接問い合わせましょう

Expediaからは、格安航空会社のシステムにアクセスすることができないからです。

その際、Expediaへの連絡は必要ありません。

カスタマーサポートへ問い合わせる

Expediaのカスタマーサービスへ電話で問い合わせましょう

カスタマーサービスは長時間営業しているので、忙しいときも利用しやすいでしょう。

Expediaのカスタマーサービス(営業時間:毎日午前7時~深夜0時)

日本国内からかける場合:03‐6362-8013

国外からかける場合:+81-3-6362-8013

時間の融通がきくときに利用してみてください。

Expedia(エクスペディア)で名前が逆だとどうなるのか

予約した際に名前が逆だと、キャンセルが必要になる場合と、逆でも乗れる場合があります

航空券に記載されている旅行者の名前は、国内線の場合は免許証、国際線の場合はパスポートと一致する必要があるからです。

  • キャンセルが必要な場合がある
  • 逆でも乗れる場合もある

それぞれの場合を解説していきます。

キャンセルが必要な場合がある

状況によっては、元の予約をキャンセルして、正確な名前で予約を取り直す必要があります。

名前が逆になっていると、搭乗や目的地への入国が拒否される可能性があるからです

国際線を予約して、名前が逆だったことに気付いたけれど、キャンセル後、新たに予約を取り直したというケースもありました。

予約した内容を確認して、対処しましょう。

逆でも乗れる場合もある

国内線の場合は、そのまま搭乗することができます

国内線の場合は、旅行者の名前が免許証と一致していればよいからです。

国際線でも、そのまま搭乗することができたという声もありましたが、この場合はリスクが高いかもしれません。

Expedia(エクスペディア)で名前が逆になったという口コミ

ネットでは、Expediaでの予約で名前が逆になったという口コミが多く見られます。

どんな内容の口コミが寄せられているのでしょうか。

出発1カ月前に名前が逆になっていることに気が付き、問い合わせた人もいます。

確認は念入りに行いましょう。

名前が逆になっていることに気付くタイミングや、その後の対処法はさまざまですが、どのケースも事態に困惑したり費用を負担することになったり、とても大変な思いをしているようです。

Expediaの名前表記に関する質問には、どんなものがあるのでしょうか。

  • eチケットの旅行者情報は名前が先でも問題ない?
  • eチケットの名前のローマ字がパスポートと異なるが大丈夫?

それぞれの質問を見ていきましょう。

eチケットの旅行者情報は名前が先でも問題ない?

eチケットの名前が先でも問題ありません

eチケットは、あくまでも控えだからです。

Expedia発行のeチケットの名前が先になっている場合は、航空会社の公式サイトで名前が正しく記載されているか確認しましょう。

正しく記載されていれば、大丈夫です。

eチケットの名前のローマ字がパスポートと異なるが大丈夫?

eチケットのローマ字がパスポートと異なる程度なら大丈夫です。

ほとんどの航空会社では、タイプミスのような微細な訂正や、法的な改名に基づく名前の訂正を認めています。

名前のつづり違いを訂正してもらったという口コミもありました。

しかし、気が付いた時点で訂正の申請をしたほうが安心でしょう。

Expedia(エクスペディア)で名前が逆になる問題についてのまとめ

この記事では、Expediaで旅行を予約した際に名前が逆になる問題を解説し、原因や対処法を紹介しました

名前が逆だった場合、名前変更を申請したり、空港で申請したりすることができます

また、オンラインチェックインや航空会社へ問い合わせることで、名前が逆になっているかどうか確認することができます。

名前が逆になっている場合、キャンセルが必要になるケースと、そのまま搭乗できるケースがあるので、事前に確認しておきましょう。

ネットでは、Expediaで名前が逆になったという口コミがたくさん見られます。

この記事を参考にして、トラブルのない旅行を楽しんでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました